出典:@aya.fuafuaさん

Baby&Kids

チャイルドシートカバーで清潔♡汚れもこわくない!おすすめから作り方まで

車での移動時に欠かせないチャイルドシート。通園・通学の送迎で毎日車を利用すれば、汗や食べこぼしなど汚れも溜まっていきます。シートを解体して洗濯するのもなかなかできず、汚れが気になるママも多いでしょう。
今回は、そんな悩みを解決してくれるチャイルドシートカバーについてご説明します。

“チャイルドシートカバーってどんなもの?”と聞きなれないママも多いかもしれませんね。『DAISO(ダイソー)』には「チャイルドシート用日焼けカバー」などという商品もあるようですが、今回ご紹介するのは、主に“汚れ対策”としてのチャイルドシートカバーです。
おすすめの商品や手作りカバーの作り方も紹介するので、早速見ていきましょう!

 

■チャイルドシートのカバーはなぜ必要なの?

出典:photoAC

日本では、6歳未満の子どもへのチャイルドシートの着用が義務となっているため、車での外出時には必ず着用させなければなりません。
子どもの体調や機嫌に関係なく着用させるので、当然泣いたり眠ったり…と汚れてしまいそうな場面がたくさんありますよね。

 

出典:photoAC

赤ちゃんのうちは、泣いたりよだれが垂れたり、おしっこやうんちなどが漏れたりすることも。
幼児になれば、食べこぼしや靴の泥汚れが増え、放っておけばどんどん汚れていくでしょう。
それに加えて子どもは体温が高く汗っかき。目に見えなくても汗で湿っていたり、汗ジミができてしまうこともありますよね!

このようにチャイルドシートはとても汚れやすいんです。
そんなときに活躍するのがチャイルドシートカバー。
チャイルドシートにカバーをしておけば、汚れてもさっと取り外しでき、お手入れも簡単。複数持っておけば、汚れたときに取り替えて使うこともできます。チャイルドシートの汚れ対策には「カバーが必須!」というママも多いようです。


 

■チャイルドシートカバーはベビーシートで代用可!選び方は?

チャイルドシートの汚れ対策にはカバーが便利ですが、現状は、チャイルドシートの全体を覆うようなカバーは、一部のメーカーしか取り扱いがありません。
『Combi(コンビ)』や『Aprica(アップリカ)』などのメーカーでも、全体を覆うカバーは無く、背中からお尻部分を覆うベビー用のシートなら扱いがあるようです。


 

出典:photoAC ※写真はイメージです

市販されているベビー用のシートの多くは、チャイルドシート以外にもベビーカーやハイローチェアと兼用できるものが多いので、1枚あると便利!
ベビー用のシートを選ぶ際には、以下のポイントを参考に選んでみて下さいね。

*チャイルドシートの車種に対応したサイズかどうか
*チャイルドシートのベルトを通す穴の位置の調節ができる、またはフリーサイズのもの
*綿素材、メッシュ地など子どもの肌に合う素材かどうか
*取り付け方や外し方が簡単で洗濯できるかどうか


 

■チャイルドシートカバーとして使える!おすすめ商品ご紹介

出典:@6seedさん

チャイルドシートを汚れや汗から守るカバーやシートにはどんなものがあるのでしょうか。ここでは、おすすめの商品をご紹介します。

・【コンビ】さらすやベビーシート

出典:ベビーカーシートは必要なもの?人気商品6選を徹底比較!@kwmk12さん

こちらはコンビの「さらすやエアスルーシート」2,900円(税抜)。
コンビ製のチャイルドシート、ベビーカー、ハイ&ローラックなど、マルチに使用できるシートです。
通気性に優れた3層メッシュシートになっており、赤ちゃんを暑さから守ってくれる役割も◎

洗濯機で丸洗いできるところもポイント!
 

・【ディズニー柄】ひんやりシートミッキー

「楽天市場」で購入できる「ひんやりシートミッキー」2,310円(税込)は、ポップなミッキーデザインがかわいいシート。
チャイルドシートやベビーカーに使用できます。

後頭部や背中部分のポケットには付属のソフト保冷剤を入れることができ、厚い時期にも涼しく快適!肌に優しいパイル生地を使用しているところも特徴です。

 

・【西松屋】やわらかベビーカークッション

汗を吸い取りやすく柔らか素材でできた「ベビーカークッション」は、チャイルドシートやベビーチェアと共用できるもの。
綿100%の素材だから肌に優しく子どもにも安心して使えますね。1,000円程度で購入できる価格の安さも◎。

 

・【マニト】ベーシッククールシート

出典:@tomomaman_さん

『Manito(マニト)』の「ベーシッククールシート」は、チャイルドシート、ベビーカー、自転車やバウンサーなどに幅広く対応しています。
3Dメッシュ構造の素材で通気性が良く、汗をかきやすい夏でもベタベタしない肌触りが大手通販サイト楽天市場でも人気のよう。
軽くてシンプルな形は取り付けも楽ちん!洗濯が簡単にでき、カラーが豊富なのも人気の秘密だそうですよ。
価格は4,000円程度です。

 

・【6seed】ベビーカーシート

出典:@6seedさん

『6seed(6シード)』のベビーシートは、通販やイベント出店などで受注販売されているハンドメイドの商品。
ふかふかの綿が入っているので、赤ちゃんも快適な座り心地に。裏側には防水加工が施され、チャイルドシートが汚れるのを防止できます。
ネットに入れれば洗濯もできるそうですよ。チャイルドシートやベビーカー、自転車の後ろ部分に兼用できるのも魅力的なポイント!
 

出典:@6seedさん

お店のイチオシはビビッドな色合いがおしゃれなフェザー柄♡
たくさんの柄の中からお気に入りの柄を選べるから、愛着も湧きそうですね。
価格はデザインや種類によっても異なりますが、3,000~5,000円台のものが多いようです。

 

■チャイルドシートカバーを手作りする方法とは?

チャイルドシートの形はメーカーやサイズによっても全く違い、専用カバーを扱っているメーカーも数少ないようです。
それなら自宅のチャイルドシートにピッタリのカバーを手作りするのも方法のひとつ。子どもの大好きな柄で作れば、チャイルドシートに乗るのが楽しみになるかもしれませんね。

 

出典:@aya.fuafuaさん

@aya.fuafuaさんのように、お好みのデザインのカバーを作ってみるのもおすすめです。
ここでは、簡単な作り方を紹介します。


<材料>
キルト、ニット、パイル地など好みの生地、バイヤステープ


<作り方>
1.チャイルドシートの既製カバーを取り外し、用意した布の上に置く。カバーの形と合わせるように、ざっくりと布を裁断する。
2.裁断した布をチャイルドシートに合わせる。布が引っ張られる部分やベルトの穴部分など、必要な部分にハサミを入れ、チャイルドシートにフィットするように調整する。

3.裁断した部分をバイヤステープで縁取り、ベルトの穴部分は刺繍糸でかがり縫いをする。


 

■汚れがちなベルト部分に!ベルトカバーも便利

チャイルドシートカバーと合わせて用意すれば汚れの心配なし!ここではベルトカバーについて紹介します。
 

・そもそもベルトカバーって何?

ベルトカバーとは、ベルト部分を布などで覆うカバーのこと。
「サッキングパッド」や「よだれパッド」などの呼び方でも知られています。
チャイルドシートのベルト部分は、子どものよだれや食べこぼしなどで、意外と汚れやすいもの。
ベルトカバーをけておけば、汚れたときにさっと取り替えできて便利ですよ!ベルトカバーは、チャイルドシートや抱っこひも、ベビーカーのベルト部分などに兼用できるものが多く、さまざまなベビー用品の汚れ防止に役立ちます。
 

・ママもテンション上がっちゃう♡かわいいおすすめベルトカバー

【ジェラピケ】優しげデザインがかわいすぎ!

出典:ジェラートピケ10周年・2018秋冬展示会レポ!新作ベビーグッズ情報も

ルームウェアで人気のブランド『gelato pique(ジェラートピケ)』は、ベビーグッズも豊富♡
ジェラートピケのサッキングパッドは、肌に優しい素材で触り心地抜群!デザインもとってもかわいいですよ。


 

【ガガシャ】のよだれパッドはポンポンきでおしゃれ

出典:何種類も集めたくなる!他とかぶらない“抱っこ紐用サッキングパッド”

『gagasha(ガガシャ)』のよだれパッドは、柔らかくふわふわの安心素材!上下にポンポンがいたおしゃれなデザインが素敵ですね。デザインにもこだわりたいおしゃれママにおすすめ☆
 

■チャイルドシートの汚れはベビーシートや手作りカバーで対策してみて!

出典:photoAC

実はチャイルドシートの汚れが気になっている…そう思うママもきっと多いはず。まだ市販では全体を覆うようなカバーの種類が少ないようなので、汗や汚れにも強いベビー用シートなどを上手に利用して対策してみて下さいね!もちろん手作りカバーに挑戦してみるのもおすすめですよ♡

rie

1歳男の子のママです。お出かけ好きで、週末は家族で遠出していろんなところに遊びに行きます♡
マイペース・のんびり子育てがモットー*
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]