出典:photoAC

Baby&Kids

おむつのサイズを徹底比較!サイズアップのタイミングやサイズ感も紹介

赤ちゃんのおむつ選び。いろんなメーカーから販売されているだけでなくテープやパンツ、サイズも多くどれを選ぼうか悩みますよね。表記されている体重を目安に選んでもメーカーごとにそれぞれサイズ感や質感が違うため、赤ちゃんによっては合う合わないがあるかもしれません。

今回は少しでもおむつが選びやすくなるよう、選び方やサイズアップのタイミング、メーカーごとのサイズについてなどを紹介していきます。

■おむつのサイズってどれくらい種類があるの?

おむつのサイズの種類について紹介します。
赤ちゃんのおむつのタイプはテープタイプとパンツタイプの2種類です。メーカーによって表記方法や取り扱いサイズが違いますが、主なサイズは下記の通りです。

テープタイプ:新生児(XXS)・新生児(XS)・S・M・L の5種類
パンツタイプ:S・M・L・Big・Bigより大きいサイズ の5種類

パンツタイプでは「スーパーBig」というさらに大きいサイズを販売しているメーカーもあります。下記が大体の月齢によるサイズ目安です。Big以上のサイズはどれも3歳以上になります。

<月齢の目安>

出典:筆者作成

<テープタイプのサイズ一覧>

出典:筆者作成

<パンツタイプのサイズ一覧>

出典:筆者作成

※2020年2月時点での情報です。

出典:筆者作成

※2020年2月時点での情報です。

上記表以外にもいろんなおむつがありますが、ここでは一般的にドラッグストアで購入できるおむつ6種に絞って表にしています。Mサイズはテープとパンツで体重目安が多少違いますね。また「Big以上」の体重目安にも違いが!

■おむつのサイズ選びはまず体重をチェック!

出典:photoAC

まずは上記の表やおむつのパッケージに記載されている体重を目安におむつを選びましょう。ただ、サイズや体重表記は同じでも各メーカーごとに肌触りやギャザーの伸びなどの質感や、お腹周りや脚回りといったサイズ感が違います。
赤ちゃんだって大人と同じように体形や骨格はそれぞれ。赤ちゃんの中には敏感肌で「このおむつだと、かぶれてしまう」という肌トラブルを引き起こすこともあるでしょう。
いろんなメーカーのおむつを試してみて、赤ちゃんの体により適したものを選んであげると良いですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]