Baby&Kids

小学校の授業に集中できる子になるコツ!遊び方を工夫しよう

vol.1212【1日1成長お母さん】椅子に座る習慣作りと外遊びで、授業に集中できる子になる

授業中ずっと座れる子になるために、家庭で簡単にできることがある

小学校の授業は、長い時間椅子に座って机に向かいます。しかし授業中であっても立ち歩いてしまう子どももいるでしょう。特に男の子はじっとするのが苦手な傾向があります。
立ち歩く子どもに「悪いことをしよう」なんて意識はありません。授業中は座った方がいいことは分かっていても、我慢できずについ立ち歩いてしまうのです。
子どもがみんな小学生になった途端に長時間椅子に座っていられるわけではありません。座れる子になるために、入学前から家庭で簡単にできることがあります。

子どもが楽しんでいる時間を利用して、椅子に座れる時間を増やしていこう

長時間の授業でも座っていられるようになるためには、まずは家庭の中で椅子に座る時間を増やすと良いでしょう。
入学前の子どもが家の中で椅子に座る時間は意外と短いものです。3回の食事とおやつの時間を合わせて、だいたい1日1~2時間以内くらいでしょう。まずはその時間を少しずつ伸ばしていくとよいのです。
しかも親子共にストレスを感じず、自然にできると理想的です。そのためには子どもが楽しんでいる時間を利用するのです。

子どもが熱中できるおもちゃを床ではなく机に上に出して遊ばせよう

普段はじっとするのが苦手な男の子でも何か集中できる遊びがあるはずです。
もし熱中できるおもちゃやボードゲームがあり普段は床で広げて遊んでいるのなら、床ではなく机の上に広げ椅子に座って遊ぶようにするのです。好きなことであれば無理なく、長時間椅子に座ることに慣れていくでしょう。
また授業を受けるには集中力が必要です。集中力を身に付けるためには、運動をさせると良いのです。

集中力を身に付けるのは家の中だけとは限らない。たくさん外遊びをさせよう

集中力と聞くと家の中で何かにジッと取り組むというイメージを持つ人も多いでしょう。しかし運動をさせることも集中力を高めるのには有効です。
充分に体を動かし、手足を自由にコントロールできるようになると必然的に集中力は養われていきます。どんな運動でも良いのですが、走ったり転がったりの身体の中心を使う運動が特に効果的です。何か特別な訓練をしたりスポーツを習ったりしなくても、たくさん外遊びをすることが授業中に集中し勉強に取り組む力に繋がります。

今日の1日1成長

机に向かう習慣づくり。熱中するおもちゃで床よりも椅子に座って遊ばせよう
子どもの集中力も1成長、お母さんの準備力も1成長。
田中京子(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]