出典:筆者撮影

Baby&Kids

【使い捨て哺乳瓶】いいとこ悪いとこ!おすすめ商品も紹介

赤ちゃんにミルクをあげるとき、あると便利なのが哺乳瓶です。しかし、「洗ったり消毒したりと意外と大変…」と、感じたことがあるママも多いのでは?そんなときにおすすめなのが”使い捨て哺乳瓶”なんです!
軽くて持ち運びも楽チンなので、災害時や旅行などで哺乳瓶を洗浄できない際にも活躍します。今回は、そんな利便性の高い使い捨て哺乳瓶について紹介していきます。

選ぶときのポイントや、どんなメーカーからどんなアイテムが出ているのか、チェックしていきましょう。

 

■使い捨て哺乳瓶の魅力はどんなところ?

まずは使い捨て哺乳瓶の魅力を紹介します!

 

・消毒がいらない手軽さ!

出典:筆者撮影

使い捨て哺乳瓶の魅力は、なんといっても消毒いらずで手軽なところです。ミルクをあげたことがあるママの中には、「哺乳瓶のケアは意外と手間がかかる…」と、思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

通常の哺乳瓶は、使用後に洗浄して消毒が必要です。 消毒の方法は、消毒液を使用する方法や煮沸、レンジ加熱(専用ケースを使用)などがありますが、どれも薬剤やケースが必要となり、時間もかかります。 その点、使い捨て哺乳瓶は、パッケージから出してすぐに使用でき使用後もそのまま捨てられるため、面倒な消毒の必要がありません。

・持ち運びに便利!

出典:筆者撮影

使い捨て哺乳瓶は、プラスチックやガラス製の丈夫な哺乳瓶と違い、軽い素材でできています。製品によっては、折りたたんだコンパクトな状態でパッケージされているので、かさばらず持ち運びがしやすいですよ。

 

■使い捨て哺乳瓶のデメリットについて知りたい!

出典:photoAC

使い捨て哺乳瓶のデメリットは、コスパが良くないという点です。使い捨てなので一度しか使えず、毎回使うとなると金額が高くなることも。また、吸いなれた乳首と違う場合、赤ちゃんが上手にミルクを飲めないこともあるようです。使用時に備えてあらかじめ練習しておくと良いかもしれませんね。

 

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]