Baby&Kids

“止まる”ができるようになるとトイレトレーニングが楽になる

vol.1214【1日1成長お母さん】体をコントロールできるようになると心もコントロールできる

“歩く”“走る”が大好きな時期に覚える次のステップは“止まる”

2歳頃になると歩いたり走ったりだけでなくしゃがんだりつま先で歩いてみたり、できることが段々と増えてきます。そんな時にチャレンジしてほしいのは“止まること”です。
お母さんの「止まって」「ストップ」という声にきちんと止まれることは重要です。駐車場や道路などで車が来そうになった時に「止まって」と言えば必ず止まれるとお母さんも安心ですね。
ぜひこの時期から身に付けておきましょう。

「止まれ」と言ったら立ち止まるゲームで楽しく自律性を身に付けよう

「止まって」「ストップ」と言ってもなかなかできない子もいるものです。止まることを覚えるには楽しい遊びが最適です。
かけっこをしているときに「止まれ」と声をかけてお母さんが止まって見せると、段々とまねをするようになります。
その時に「止まれたね!」と褒めてあげると自分でもできたことが実感できます。“止まれ”ができたら今度は“ゆっくり歩くこと”に挑戦しましょう。
かけっこをしているときに「ゆっくり」と声をかけ、わざとゆっくり歩く練習をします。

“止まる”とトイレトレーニングは我慢がカギ!自律性が関係しています

“止まる”は自律性に深く関係しています。自律性とは自分を律すること、つまり自分をコントロールする力、我慢や努力する能力の基礎となるものです。
“止まる”は自分の体を動かないように我慢することです。トイレトレーニングもおしっこやうんちを少しの間我慢することが必要です。そのため“止まる”ができるようになるとトイレトレーニングが進みやすいと言われています。

体を思い通りに動かすことができると、心と体のコントロールもできる

走っている時に急に止まったり、急にゆっくり歩いたりという行為を繰り返し行うことで自己コントロール機能が身に付きます。
体を思い通りに動かすことができるようになると、おしっこをしたいなどの生理的衝動や感情のコントロールもできるようになってくるのです。
体をコントロールすることは心の発達にも大きく影響します。この時期に自律性の基礎を身に付けておけば、4歳になったときに我慢のできる子に育ちます。

今日の1日1成長

「止まれ」の合図で止まる遊びで心と体のコントロールの基盤を作ろう
子どもの我慢力も1成長、お母さんの遊ぶ力も1成長。
杉岡由香(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]