Baby&Kids

園ではやるのに家ではやらない。そんな時は伝え方を変えてみよう

vol.1251【1日1成長お母さん】行動を起こす秘訣。視覚的に情報を訴えることで子どもは理解する

家でしない原因は甘え以外にも。伝える時は言葉だけでなく視覚的な情報で

園に行き始めると家では見たことがない姿が見られることがあります。家ではできないけど園ではできるなんてこともありますよね。
ただこれは子どもが家で怠けたり甘えたりしているからとは限らないのです。なぜそんなことが起こるのでしょうか。
それは伝え方の違いです。言葉だけでは理解できないこともあるのです。伝え方のポイントを押さえると子どもの行動を促すことができます。そのポイントとは目で見てわかるようにすることです。

なぜ家ではしないのに園ではできる?子どもができるようになるための一工夫

3歳のAちゃんはパズル遊びが大好き。幼稚園から帰ると一目散にパズルに向かいます。その様子を見たお母さんは悩んでしまいました。
それは玄関に置かれた靴。靴が脱ぎっぱなしで左右の靴がバラバラなことが多かったのです。気になって幼稚園の先生に園での様子を聞くと、靴はいつもそろえることができていますよという返事。どうして園ではできるのでしょうか。
実は幼稚園では靴を置く位置に足形のシールを貼るという一工夫がされていたのです。

言葉で伝えるよりも伝わりやすい方法がある。足形シールが目で見える形に

公共の施設でも見る足形のシールには「ここにそろえてください」の意味だけではなく、どういう形が靴をそろえたことになるのかも教えてくれているのです。
実は子どもの理解力の90%は視覚情報によるものと言われています。サインのように身振りや手ぶりで伝えた方が瞬時に理解できることがありますよね。
Aちゃんも言葉よりも足形シールの方が理解しやすかったのでしょう。子どもが理解しやすい伝え方をすることでお母さんの悩みが解消することもあります。

言葉が達者でも理解するにはまだ工夫が必要なことも。一歩一歩進めよう

3歳になるとお話も上手になり、大人が伝えたことを理解できることも増えます。そのため言葉でコミュニケーションを図る機会が多くなります。
ただ言葉で伝えても行動できない、してくれないというときにはぜひ目で見て分かるような一工夫をしてみましょう。絵や写真を使う、線を引くなどやり方は様々あります。
まずは目で見る、目で見たものをやってみる。子どもの成長は一歩一歩です。子どもにとって理解しやすい方法をとりながら成長を応援していきましょう。

今日の1日1成長

より理解しやすい方法、視覚に訴えることで子どもの実践力を作る
子どもの理解力も1成長、お母さんの伝える力も1成長。
みきいくみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!