Baby&Kids

男の子を叱るコツ。シンプルな言葉で行動を正す声かけにしよう

vol.1258【1日1成長お母さん】正しい叱り方で子どもの行動をより良い方へ導いてあげよう

「どうして?」とお母さんには理解ができない行動をするのが男の子の特徴

男の子の子育てをしていると、どうしてこんなことするの?なんて思うお母さんもいることでしょう。男の子はお母さんにとって謎多き生き物で、理解できない行動が多いものです。
でも甘えん坊でかわいい一面を見せられると、思わず微笑んでしまいますね。3歳くらいになると知能も発達してきます。何でも試してみたいという好奇心の赴くまま行動するので、いたずらも多くなるでしょう。
「ダメでしょ!」と思わず叱りたくなりますが、男の子には叱り方にも注意が必要なのです。

実は傷つきやすい男の子。感情的に怒らず、行動を正す言葉で教えよう

子どもは3歳くらいになると知能が発達して、人が言うことの意味を理解し判断する力がつきます。正しい叱り方をすれば、正しい行動へと導けるのです。叱るとは相手を認め、より良い行動へ導くための注意やアドバイス。怒るのとは違います。
感情的になると「もう、悪い子ね!」と子どもの存在を否定する言葉を使ってしまうこともあります。男の子は強い言葉には反論できない子が多く、傷つきやすいデリケートな一面を持っているのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE