Baby&Kids

子ども同士のケンカは「どうしたい?」と質問し考える癖を身につけよう

vol.1274【1日1成長お母さん】もめ事を解決できる力は子どもの自立への大きな一歩になる

子どものもめ事は日常茶飯事。やめさせるよりも解決できる力を身につけよう

子どもは3歳くらいからお友だちと遊ぶ機会が増えてきます。するとケンカやもめ事が毎日のように起こり、お母さんを困らせることもしばしば。「おもちゃを取られた!」「服を引っ張られた!」とお母さんに報告し、助けを求めてくることも。
ケンカをして子どもが悲しい思いをするのは心配ですよね。お母さんが仲裁して解決することは簡単です。でもそんな時こそ子どもが自分で考え解決できるようになるチャンスなのです。

“お母さんが助けてくれる”から卒業。自分で解決できるよう導いてあげよう

子どもが公園でボール遊びをしていたのを見かけました。しかしその子は、お友だちにボールを取られてしまっていました。すぐに子どもはお母さんのもとに駆け寄り助けを求めます。
子ども同士で遊んでいるとそのような光景はよく目にしますし、お母さんも子どもを不びんに思い、一緒に取り返しに行くかもしれません。
でもそうすると子どもは、毎回お母さんの助けを求めてくるようになります。しかしお母さんが一生助けてあげることはできません。
子どもに必要なのは自分で解決できる力を身に付けることです。

「どうしたい?」と質問し、自分で問題解決できるよう導いてあげよう

子どもが「〇〇君におもちゃ取られた!」と助けを求めてきたら「おもちゃを取られたのね」とオウム返しします。そして「どうしたい?」と尋ねましょう。
「違うおもちゃで遊ぶ」「もう一回言ってくる」と子どもが自分で解決しようとすれればOK。返事がなく戸惑っている場合は「自分で言える?」「こっちで遊ぶ?」と選択肢を与え、自分で選ばせてあげましょう。
それを繰り返すことにより自分で考える癖を身につけることができます。

子育てのゴールは子どもを自立させること。ケンカは重要な学びの一つ

子育てのゴールは子どもを自立させることです。今お母さんが子どもの問題を解決してあげることは簡単ですが、子どもが社会に出た時には手助けしてあげられないことの方が多いのです。
発達心理学の観点から見て、自立のスタートは3歳頃から意識すると良いでしょう。子どものケンカは悪いことではなく自立へと向かって成長する最高の場所です。口出ししたい気持ちをグッとこらえ、自分で考え解決できるよう導いてあげましょう。

今日の1日1成長

子どものケンカは「どうしたい?」と尋ね解決できるよう導いてあげよう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
吉田あき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!