Baby&Kids

「幼稚園・保育園に行きたくない」と大泣きしたら安心をあげよう

vol.1285【1日1成長お母さん】「行きたくない」の裏にある不安に気づいて勇気づけてあげて!

子どもにはタイプがあって、新しい環境に馴染むまで時間がかかる子もいます

幼稚園から小学校に上がる時や担任の先生が変わる時、たいていの子どもはドキドキします。
変化にすぐに馴染める子もいれば、なかなか新しい環境に馴染むことができない子もいます。お母さんとしては子どもがニコニコして通ってくれる方が安心しますよね。
しかし子どもによって、新しい環境に馴染むまでの時間は異なります。子どもが泣いていたとしたら、それは不安が大きいという証拠。
大丈夫だよと抱きしめてあげて下さい。

お母さんが大丈夫と信じる気持ちで子どもの心も晴れやかになります

「こんなに泣いていて大丈夫かしら…」とお母さんが少しでも不安になると、子どもに伝わります。特に、人見知りや場所見知りをする子には伝わりやすいので要注意です。
逆を言えば、そんな子は「お母さんが大丈夫と言っているから大丈夫!」と暗示にもかかりやすいものです。伝染するなら楽しい気持ちを伝染させてあげましょう。
子どもが泣いている時に元気をあげたい時は「大丈夫、楽しめるよ」と笑顔で見送りましょう。

子どもの不安な気持ちには安心感で勇気づけをして背中を押してあげよう

Aちゃんは幼稚園に通い始めて2週間。毎朝大泣きです。お母さんはAちゃんに涙の理由を聞いてみました。
するとAちゃんは「お母さんと一緒にいたいから」と教えてくれました。不安な気持ちを話してくれたのです。お母さんはAちゃんにお守りを渡し、いつも一緒だと伝えました。1カ月半かかりましたがAちゃんは笑顔で登園できるようになりました。
個人差はありますが、不安が安心に変わる日が来ます。お母さんからもらう安心感は子どもの心を包み込みます。

安心感は子どものやりたい気持ち、前へ進む力を応援する最強のパワー!

大人も子どもの笑顔を見ると安心しますね。子どもも同じです。特にお母さんの笑顔は、子どもにとって安心するものです。安心できた子どもは自分から行動するようになります。
不安なときはあれこれ言葉をかけるよりもギュッと抱きしめて上げるのがオススメ。7秒経つと愛情と安心が伝わり、子どもの気持ちが落ち着くのです。
7秒ハグで子どもに安心をプレゼントしましょう。同時にお母さん自身も温かい気持ちになりますよ。

今日の1日1成長

キーワードは安心感。不安な気持ちにはお母さんの笑顔とハグが効果的
子どもの適応力も1成長、お母さんの包容力も1成長。
きただゆみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]