Baby&Kids

じっとしてない子にも集中力はある。集中力を発揮するひと工夫

vol.1286【1日1成長お母さん】落ち着きのなさは動きを止めるよりも調整できるようにしよう

子どもが集中して活動に参加できるよう、活動前に思いっきり体を動かそう

「うちの子じっとしていないんです」お母さん同士の会話で聞くことのあるこの言葉。じっとしていない姿にうちの子は集中力がないと感じるお母さんもいるのかもしれませんね。
でもじっとしていない子は集中力がないわけではありません。ひと工夫することで集中力を発揮させることができます。
それは体を動かすこと。じっとしてほしいのに?と疑問に思うかもしれませんが集中してほしい時間の前に思いっきり体を動かすことで、その後の活動に集中しやすくなるのです。

習い事の前にも有効。集中力を高めるためにお母さんが取った方法

4歳のK君はいつも元気いっぱい活発な男の子です。幼稚園でも運動が得意で体を動かすことが大好き。ただ、椅子にすわって絵を描くような活動はなかなか集中して取り組めず室内をうろちょろしてしまうことも。
K君のお母さんはそんなK君の姿から、そろばんなど座って取り組む習い事の前には“公園で走り回る”といった体を使った遊びを取り入れました。
すると不思議なことに今までよりも集中して取り組むことができるようになったのです。

活動量の多い子は常に落ち着いている状態を目指すのではなく時間帯を絞ろう

K君のように常に動き回るのが大好きな活発なタイプの子は、活動量が多くエネルギーに満ち溢れています。そんな子がずっとじっとしているのは辛いことですよね。
集中してほしい時間帯を絞って、その時間の前に体を動かすことで集中力を高めることができます。じっとしていない状況のときはまだまだ動き足りないのです。
手先を使う細やかな活動や繰り返し行う作業など、集中してじっくりと取り組むためにも体を動かしてから参加させましょう。

じっとしていないことは長所。その活動量の多さは行動力の源となる

活発タイプの子を持つお母さんは“じっとしていない”と心配になることもあるでしょう。でもこの活発さは行動力の源、大きな武器となります。
他の人が迷って動けないことも一歩踏み出し、失敗を恐れず挑戦する姿は魅力的。その魅力を引き出すために、じっとさせるのでなく有り余るエネルギーを調整することを意識しましょう。
遊びの中で“動く”“止まる”などの動作を取り入れることもその一つ。行動をコントロールできることが自律心を伸ばすことに繋がります。

今日の1日1成長

落ち着きのない子は集中力が必要な活動の前に体を動かす遊びをさせよう
子どもの自律力も1成長、お母さんの育成力も1成長。
みきいくみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!