Baby&Kids

「片付けなさい!」では片付かない。親子の成功法を見つけよう

vol.1296【1日1成長お母さん】子どもが想像できる表現方法を見つけて片付けの行動を導こう

何度言っても、部屋が片付かない…。お母さんの声と怒りはヒートアップ

片付けても片付けても、かたっぱしからおもちゃを取り出されることもしばしば。目的のおもちゃを見つけるために箱をひっくり返されてしまい、ため息をついた経験をお母さんの多くが経験することでしょう。
小さな頃から片付ける癖を身につけようと声をかける姿もよくみられます。「片付けて〜」で片付ける子はとっても素直な子。
お母さんたちの中には「何度言っても片付かないんです」「片付させる方法ありますか?」と悩んでいる方も多いです。

ユニークお父さんの片付け法!想像させる言葉がけの発想力をママはマネる

優しい声での注意は、いつもだんだん大きくなり最後には「何度言ったら、片付けるの!」と家中に響く声で子どもを怒ってしまいます。怒る自分にもうんざりしていました。
ある時お父さんに片付けをお願いしたところ、子どもがおもちゃをササっと箱へ戻す姿を見てびっくり。お父さんは「片付け」という言葉ではなく「お人形を踏んだら怪我して病院に行く前に助けてあげて」と言ったそうです。
それからはお母さんも“人形救出作戦”を決行し、お片づけ成功の定番になりました。

何度も注意するイライラから脱却!親子でお片づけの成功法を発見しよう

実は何度言っても行動しないのは、かける言葉が間違っているからなのです。何度言っても無理ならば、方法を変える必要があります。
「片付けしなさい」では、子どもが具体的にどのように行動したら良いか想像しづらいのが原因です。
お父さんの“病院に行く”は子どもにイメージしやすく、危険意識から子どもが片付けられることにつながりました。
何度言っても片付かない時は、伝える方法をいろいろ変えて成功法を見つけることが必要です。

毎日のことにお母さんはうんざり。しかし必ず上手く言った時がある

成功法を見つけるために様々な方法をためしてみても、うまくいかないことはあります。
毎日試行錯誤するのは正直疲れる時もあるでしょう。そんな時は、過去を振り返ってみましょう。過去にうまく言った方法を試してみます。
片付けでは先ほどの“病院に行く”や他の方法では「おもちゃが家でねんねしたがってる」 など、お母さんと子どもによって工夫は様々。
必ず上手くいったときがあるはずです。成功法を見つけて、毎日の生活からイライラを減らしましょう。

今日の1日1成長

「何回言っても片付かない」の解消法。発想の変換で言葉がけを変えてみよう
子どもの想像力も1成長、お母さんの柔軟力も1成長。
かわさき ちか(文)わたなべ美幸(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!