出典:photoAC

Baby&Kids

お箸の持ち方を子どもに教えるには?練習方はある?トレーニング箸も紹介

日本人の食事のマナーで指摘されるのがお箸の持ち方ではないでしょうか?みなさんは正しい持ち方、できていますか?左利きで苦労したなどさまざまなエピソードがあると思います。世界でも有数のお箸文化と言える日本では、小さな子どものうちからお箸を練習し、お箸での食事がメインという家庭が多いですよね。今回はお箸の正しい持ち方や子どものお箸トレーニングについてご説明します!

日本ではなぜこんなにお箸のマナーにうるさいの?と思っている人もいるかもしれませんね。実はお箸は日本が誇れる歴史ある文化なんです!

■深い歴史のもとにある日本のお箸文化!

日本とお箸の深い関係とは?

出典:photoAC

・お箸を使う国ってどれだけあるの?

実はお箸を使う国は中国、チベットなど、日本のほかにも東アジアの諸各国にあるんです。お箸の形状は国によって少しずつ異なります。
例えば日本のお隣にある中国のお箸は、先端までの太さが均一で、やや長めなのが特徴です。大きなテーブルを囲む中国の食卓には、遠くの位置に置かれた食卓に届かせるため、長いお箸が使われるようになったという説がありますよ。

・世界で唯一☆純粋にお箸のみを使う食事スタイルは日本だけ

お箸文化がある国々の中でも、食事のすべてをお箸のみで完結する純粋な文化は、日本独自のものであるようです。和食では汁物でさえお箸を使って食べますが、ほかの国ではおかずにお箸を使い、スープやごはんにはスプーンを使うなど、メニューによって道具を使い分けています。

・お箸は大事な日本文化のひとつ

出典:photoAC

お箸文化がここまで発展したのは、日本人の器用さが導いた結果という説もあるそうです。忌み箸などお箸の独自文化があったり、家で自分のお箸やお椀が決められたりしているのも日本だけの文化。お箸の持ち方には美しい食事を楽しむための、伝統的な和の心が込められているのかもしれないですね。

■お箸の正しい持ち方にトライ!

握り箸など、お箸の持ち方が汚いと、男女を問わずマイナスなイメージになることがありませんか?ここで一度正しいお箸の持ち方についておさらいしてみましょう。

出典:photoAC

・お箸の正しい持ち方とコツは?


まずは上のお箸の持ち方を確認しましょう。上のお箸は親指と人差し指、そして中指の3本を使って鉛筆のように持ちます。お箸の上から1/3辺りで持つと◎。下のお箸は親指のつけ根と薬指で支えます。このとき、下のお箸が薬指から滑るという人は、薬指がまっすぐ伸びていませんか?第一関節を軽く曲げることで、持ちやすくなります。

・お箸の正しい動かし方は?

出典:photoAC

お箸を上手に持てたら、次は上のお箸を上下に動かしてみましょう。このとき下のお箸は動かさないので、上のお箸は動箸、下のお箸は静箸ともいわれるそうです。上手に動かすポイントは中指&人差し指。この2本を曲げ伸ばしすることでお箸が美しく動かせます。親指は軽く添えるようにし、動かさないようにしましょう。

■子どもにお箸を教えるのはいつがいい?

出典:photoAC

親になると今度はお箸を教える立場になりますよね。お箸のトレーニングに最適な時期はあるのでしょうか?

・トレーニングスタートはいつから?

子どものお箸のトレーニングを始める年齢は人によっても異なりますが、2~3歳ごろに始める人が多く、中には1歳半からスタートする人や、5歳ごろからの人もいるようです。
基準としては、
・チョキの手ができる
・スプーンなどを下から持てる
これらができるようになるとお箸デビューを考え始めてもよさそうです♡
子どもの意欲を高めたいときは、お箸で食事をする子どもの動画や絵本を見せたり、いっしょにお箸を買いにいったりすると、前向きになってくれることがありますよ。

・いつごろまでに使えるようになればいい?

お箸の練習は早ければいいというものではないので、子どもの意志に反して焦って強制する必要もありません。同時に、いつまでに必ず始める、という縛りもありません。
ただ、子どもが社会と関わることが、ひとつの基準になりえます。小学校での給食では基本的にお箸での食事が中心となってくるため、それまでに使えるようになっておくと安心かもしれません。保育園や幼稚園でも、お箸を使うという方針の場所もあるようです。

■子どもに教えるお箸トレーニングは?

子どもが大人のお箸に興味を持ち始めたら、お箸トレーニングスタートのチャンス!おすすめのトレーニング方法を紹介します。

・輪ゴムひとつで!大人も子どもも使えるトレーニング方法

輪ゴムで下のお箸を固定する練習法もあります。これなら子どものお箸と輪ゴムがあればすぐに練習が始められそうですね!方法は2種類あります。

<親指に輪ゴムをかけて行う方法>
まず紹介するのは親指にお箸を固定するトレーニング術。8の字状に輪ゴムをねじり、人差し指と親指の根元にかけたら、親指側の輪に下のお箸を通して固定します。少しきつめの輪ゴムがおすすめですよ。

<薬指に輪ゴムをかけて行う方法>
もうひとつは薬指にお箸を固定する方法です。薬指の第一関節に輪ゴムを巻きつけ、そこにしたのお箸を通して固定します。

どちらの方法でも、下のお箸を固定したら上の3本指で正しい持ち方をし、動かしてみましょう。下のお箸が固定されることで、美しい所作が身につけやすくなりますよ。

・トレーニング箸を使ってもOK

出典:@ yagigigi1234さん

お箸の持ち方がなかなか身につけられないときは、トレーニング箸と使って練習するのもおすすめです。普通の箸に凹凸や印がついているタイプや、力の弱い子どもでも挟みやすいようにグリップがついているタイプなどさまざまな種類があります。子どもの好きなイラストが描かれたタイプは、子どもの“お箸を持ちたい!”という意欲促進につながりやすいですよ♡

■子どもにおすすめのお箸

最後に、子どもにおすすめのお箸をいくつか紹介します。

・EDISON mama/エジソンのお箸Ⅰ

出典:@ tamaco_kiraraさん

『EDISON mama(エジソンママ)』には、お箸のラインナップが豊富にあります!子どもの好みや発達具合に合わせてお箸を選べますよ。「エジソンのお箸Ⅰ」1,200円(税抜)は、指を入れるためのリングがお箸についており、正しい持ち方がわかりやすい形状です。先は平たく広いため、滑りやすいおかずも挟むことができますよ♡

出典:@ yagigigi1234さん

また、このシリーズには人気キャラクターのデザインも豊富。「エジソンのお箸ケース付 トーマス」1,300円(税抜)は、子どもが好きなキャラクターといっしょにトレーニングできます。ケースがセットで外出先でも使えるのがうれしいですよね。

・pigeon/はじめてのかんたんおはし

出典:@ yagigigi1234さん

『pigeon(ピジョン)』の子ども用お箸「はじめてのかんたんおはし」1,300円(税抜)は、動かすたびに上の部分のイラストがひょこっと出てくる楽しいトレーニング箸。箸の先はでこぼこの波型になっていて、つるつるの麺類もしっかり挟んで食べられるようになっています。右利き用、左利き用と選べるのもうれしいですね♡

・イシダ/三点支持箸

出典:@ bm.p0512さん

『イシダ』の「三点支持箸」600~1,000円(税抜)は、大人から子どもまで自然な形で正しい持ち方を身につけることができる矯正箸です。お箸の持ち手部分はいくつかのくぼみがある独特なシルエットになっており、ポイントに合わせて指を置くことで正しい持ち方ができるようになっています。和モダンなデザインがおしゃれですよね♡

・こどもちゃれんじ/はじめての子ども箸&持ち方応援カード


人気キャラクター、しまじろうで有名な『こどもちゃれんじ』の「はじめての子ども箸&持ち方応援カード」900~1,000円(税抜)は、初めての普通箸にもおすすめの商品です。お箸は六角形になっていて、面は滑りやすい麺類、角は丸みのある食べ物が上手にキャッチできる形状です。持ち手には赤と黄色2本のラインがあり、その線に合わせて正しい持ち方で持てるようになっています。
使い方が書かれたイラストカードも入っているため、しまじろうのお箸を使ったことがない親でも、教えやすいですよ。サイズも年齢に合わせた3サイズ展開で、子どもの手に合わせて選べます。(公式通販サイトでは現在、3~4歳用は品切れとなっています。)

■お箸の正しい持ち方は生涯タメになる基本マナー☆

お箸の持ち方は日本人の誰もが少なからず関心を抱いていること。食事の場で話題に上った経験は少なからずあるのではないでしょうか。正しい持ち方を教えるために、お箸の教室を開いているところもあるそうです。正しい持ち方でないことを気にしない人もいるようですが、早めに矯正しておいて困ることはないかもしれませんね。
※本記事で紹介している商品の内容は2020年2月の情報です。

shin

2人の幼い姉妹とともに、日々奮闘する新米ママです。無類のチョコ好き♡地元のショコラティエ制覇がひそかな夢!クリエイティブな活動全般が趣味です。ネイル、羊毛フェルト、プチDIY、イラストetc...広く浅く楽しんでいます♪
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]