Baby&Kids

子どものムチャぶりなお願いには「ダメ」よりもオウムになろう

vol.1324【1日1成長お母さん】言葉を繰り返すと子どもの心は落ち着き、聞く耳を持つようになる

子どもの要求は理不尽で容赦ない。こんな時はオウムになってみよう

子育てをしていると子どもの言動にウンザリしてしまうことがありますね。
リクエストされたからオムライスを作ったのに「オムライスじゃなくてチャーハンが良かった」など、子どもの要求は理不尽で容赦ないもの。また「公園行きたい」など普通の要求でも、お母さんの体調が良くないなどの場合は子どもの期待に添えないこともあるでしょう。
こんな時に「ダメ」「わがまま言わないで」と言いそうになりますが、お母さんはオウムになると上手くいきやすいのです。

子どものワガママには「ダメ」よりも“気持ちを受け止める”ことが大切

子どもは「ダメ」「わがまま言わないの」など、自分の気持ちが否定されると余計にヒートアップしてしまいます。
「オムライスはイヤ、チャーハンなの!」と連呼し床に寝転がって泣き叫ばれたら、お母さんだってイライラしてしまうでしょう。泣きたいのはこっちの方です。「もう知らない。食べなくていい!」なんて売り言葉に買い言葉になることも。
こんな地獄絵図にならないためには、子どものどんな要求にもまずは気持ちを受け止めることから始めましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]