Baby&Kids

2歳は集中力が育つ時期。積み木で好きなように遊ばせてみよう

vol.1327【1日1成長お母さん】子どもが一人遊びを始めたら集中力アップのチャンス!

子どもが“一人で遊んでいるか”が集中力を育てる時期の目安になる

集中力とは一つのことに黙々と取り組む力です。集中力を養うには、まず子ども自身が楽しいこと、してみたいことを見つけることが大切です。
今まではお母さんと一緒に遊びながら積み木を積んでいた子どもが2歳頃になり、いつの間にか一人で黙々と積もうとしていたら集中力を養うチャンス到来です。
子どもがどこまで一人で積めるのか、どんなふうに積むのか、気が散らないように声をかけずにその場でそっと観察してみましょう。

子どもが一人で遊ぶ時間を伸ばしていくことが集中力を育てること

まずは積み木を並べたいのか、色や形で分けたいのか、子どもの思う通りにさせてみましょう。積み始めたときに崩れたりしても、そのまま集中して遊び続けるようなら声をかけずに見守ってください。
お母さんが声を掛けることによって集中が途切れるのはとてももったいないことなので、見守りながら少しずつ集中している時間を伸ばしていきます。
集中して何かをすることは大人になっても必要なスキルです。少しでもその能力を伸ばしてあげられたらいいですね。

“積み木は積むもの”という思い込みをなくし、まずは好きなように遊ぼう

Mちゃんは元気な2歳の女の子。おままごとの動画は集中して見ますが、なかなか遊びの中では集中できません。もちろん積み木遊びに誘っても興味を示しません。
ある日、お母さんは積み木を椅子やテーブルに見立てておままごとをしてMちゃんに見せてみると、これが大成功。積み木はMちゃんのおままごとセットになりました。
そしてある日Mちゃんが自分で高く積む遊びを始め、それからぐんぐん集中する時間が伸びていったのです。

2歳で養った集中力は “やり抜く力”を養うための基礎となります

一人で最後までやり抜く子になってほしいと思うあまり、子どもが「ママ、これできない」なんて言った時に「もうちょっとがんばって!」「最後まで一人でやってみよう!」と励ますこともあるでしょう。お母さんが集中力を育てたいと思っているならば、少し手伝っても構わないのです。
それは「できない」と思うと、そこで子どもの集中力が途切れてしまうからです。2歳の間に集中力を養うことで4歳くらいになった時に“最後までやり抜く力”を身に付けることができるのです。

今日の1日1成長

集中力を育む積み木遊び「手伝って」のサインが出たらさりげなく手伝おう
子どもの集中力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
波多野裕美(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]