Lifestyle

レンジで目玉焼きがとっても便利!ヘルシーに楽しく時短調理

インスタ映えするぷるぷるの目玉焼きを、オーブンレンジや電子レンジなどで、作ってみませんか?シリコンやプラスチックなどの容器を使えば、くっついて困るということもなくとっても簡単!トーストをプラスすれば、立派な朝食になりますよ。お弁当にも活躍する、かわいい目玉焼きのとろとろ半熟を目指せるレンチン時間や、気になるたまごの爆発理由も合わせてご紹介します!

レンジで目玉焼きを作ると、面倒な油汚れがでないので簡単で便利なんですよ。まずはレンジで目玉焼きを作るときに、どれくらいの時間がかかるかをチェックしましょう。

■レンジで目玉焼きを作る際の温め時間は?

出典:photoAC

レンジで目玉焼きを作る時間は、500wで約40秒から1分くらいの間です。使用するレンジや環境によって、若干誤差が出ますので、目安としてくださいね。200wでは約3分から3分半必要です。こちらも500wと同様、できあがり目安として考えてくださいね。

■レンジで目玉焼きを作る際に爆発する原因は?

出典:photoAC ※画像はイメージです

電子レンジやオーブンレンジなどは、食品の水分を電磁波で動かすことによって摩擦熱を起こし、食品を温めています。マグカップなどで液体をチンするときに起こってしまう突沸現象は、液体に沸騰するはずのエネルギーがたまり、振動などのきっかけで突然一気に沸騰してしまうことで起こるんです。
しかし、たまごはちょっと違います。たまごにある膜に過度な圧力がかかることで爆発が起こります。
ただし、どちらもゆっくり時間をかけることで爆発を防げるという点は同じです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]