出典:photoAC

Baby&Kids

赤ちゃんがミルクを飲まない時、試してみたい5つの対処法

いつもより赤ちゃんがミルクを飲んでくれないと心配になりますね。原因も気になりますし、もしかしたら病気の可能性もあるのでは!?と不安になる方も多いはずです。
大人と同じように、赤ちゃんもいろいろな原因で食欲が変化するので、いつも決まった量を飲み干すことはありません。しかし、飲まない状態が続く場合にはその原因を解消してあげることが大切です。

今回は、赤ちゃんがミルクを飲まないときに考えられる原因と、その対処法をご紹介します。

■<原因1>哺乳瓶の乳首が合わない

出典:photoAC

哺乳瓶の乳首の形や柔らかさ、質感は、メーカーによって違っています。赤ちゃんの口は敏感です。おもちゃや手に取るものすべてを口に入れる時期がありますが、口で質感や硬さ、味などをチェックしています。
そのため、赤ちゃんによっては乳首の好みがあり、乳首が合わないと感じるとほとんど飲まなかったりすることがあります。今まで問題なく飲めていたのに、最近飲みが悪いという場合には、乳首の劣化が原因の場合も。
また、母乳とミルクの混合栄養の場合には、ママの乳首と哺乳瓶の乳首では違いが多いため、授乳を嫌がるというケースもあります。

■<原因2>ミルクの味が合わない

出典:photoAC

ミルクの味や成分は、メーカーによって違っています。甘さやコク、まろやかさなど、少しずつ違っているため、赤ちゃんによっては嫌いな味や好きな味が分かれる場合があります。
また、混合栄養の場合には、母乳が好きでミルクはあまり飲まないという場合も少なくありません。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]