Baby&Kids

1歳児の危険な遊びには、長い説明より代わりの遊びを準備しよう

vol.1371 【1日1成長お母さん】危険の伝え方は「ダメ」より理由が伝わる「危ないよ」「痛いよ」

好奇心旺盛な1歳。挑戦させるか止めるかの線引きは危険があるかどうか

1歳は好奇心旺盛でやりたいという気持ちが強い実験期です。やりたいことを思いっきりする中でやる気が育ちます。
たくさんの経験をして成長する時期ではありますが、気をつけたい場面もあります。それは危険なことをしようとする時です。やる気を育てる時期であっても、危ないことは止めましょう。
そして1歳児に伝えるときはしっかり説明して理解させようとするよりも短い言葉で理由を伝え、別のものに意識を向けさせましょう。

何度言っても同じことを繰り返す実験期。伝わらない葛藤を感じることもある

Tくんは1歳。歩けるようになり周りの物に興味津々です。家でもお出かけのときでも気になったものの近くに行き何でも触ろうとします。
ある日外で遊んでいると、Tくんは木の枝を見つけ振り回しました。お母さんは大慌てで「ダメ」と手をつかみます。何度も「Tくんの目に入りそうだからやめて」とお母さんが説明しても、木の枝を振ろうとするTくん。
やめてくれないTくんにお母さんはどうしたらいいか分かりませんでした。

危険な遊びをやめさせたいときは「危ないよ」と理由を短い言葉で伝えよう

1歳児には説明しても通じにくいので「危ないよ」と一言で、やってはいけない理由を伝えることが効果的です。少し強い口調で冷静に子どもの目を見て言いましょう。
1歳は興味を持ったことは全てやりたい時期で、欲求を我慢することには無理があります。逆に興味を行動に移すことで、大切なやる気を育んでいます。
お母さんが何度も詳しく説明したとしても、理解して衝動を抑えることはまだ難しいでしょう。
決してお母さんを困らせようとしている訳ではありません。純粋に興味あることを楽しんでいるのです。

我慢することが難しい時期だからこそ、他の遊びにお母さんが誘ってもいい

好奇心あふれる1歳児の行動を押さえようとすると、やる気を失わせることにもなりかねません。
止めさせるよりも他の遊びに誘いましょう。お出かけのときにはあらかじめ、ボールや三輪車などを持参しましょう。
最近子どもが夢中になっている遊びを準備するといいでしょう。外には自然もいっぱいです。1歳児は他の楽しい遊びを見たら、素直にそちらに向かえます。
子どもの好奇心を上手に満たしながら、やる気溢れる子へと導いてあげましょう。

今日の1日1成長

危険な遊びは「危ないよ」と理由を伝え、他の楽しい遊びに誘おう
子どものやる気も1成長、お母さんの対応力も1成長。
みきいくみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]