Baby&Kids

子どもの気持ちを受けとめることで、親子で歩み寄り納得できる

vol.1375【1日1成長お母さん】子どもは気持ちを受け止めてもらうと次の行動に繋がりやすくなる

「急いで」「早くして」と言うよりも、まずは子どもの思いに耳を傾けよう

子どもが遊びに夢中になっているとき、なかなか次の行動を起こしてくれずにイライラした経験はありませんか?子どもは自分の思い通りにはならないとはわかっていても、お母さんはやきもきしますよね。
そんなときには「急いで」「早くして」と言いたくもなります。でも急いでほしいときこそ子どもの心に寄り添ってみましょう。
子どもの思いを受け止めることで子どもとお母さん二人が納得できる解決案を目指せるでしょう。

公園の砂遊びに夢中で帰らない我が子と夕飯の準備をしたいお母さんの悩み

3歳のKちゃんとお母さんは公園に来ていました。夕飯準備をそろそろしたいお母さんは「もう帰るよ」「お片付けして」と何度もKちゃんに伝えます。
しかしKちゃんの耳には届いていない様子で砂場でのお山作りに夢中です。待ち時間も長くなりイライラし始めたお母さんは「もう急いで」とつい大きな声を出しますがKちゃんは「まだやるもん」と動きません。
できることなら気のすむまで遊ばせてあげたいところですが、夕食の準備が気になります。

解決方法は子どもの次の行動への意志を、お母さんが上手に導いてあげること

「まだやるもん」と言うときには、「まだやりたいんだね」と言葉をそのまま繰り返しましょう。その後に「どうしたい?」と質問します。
同じ言葉で繰り返し、尋ねることでお母さんが気持ちを理解してくれていると感じられるでしょう。子どもの返事が「もっとやる」と抽象的な時や自分から意見を出すことが難しい時はいくつかの選択肢から選ばせましょう。
「トンネルができたら」「お山を崩したら」など子どもとの対話で決めます。自分で納得したことは自ら行動に移しやすいでしょう。

子どもの気持ちを受けとめることで、親子で歩み寄り納得できる結論となる

急いでいるときこそ気持ちを受け止めることで、子どももお母さんの思いを受け入れやすくなります。「もう帰ろう」「まだやるの!」の押し問答を繰り返すよりは、ひと手間だと思っても気持ちを受け止めることで早く穏やかに次の行動に促すことができるでしょう。
“子どもの思いを言葉そのままに繰り返す、どうするか聞く、具体的な選択肢から子どもがよく選べるよう導く”の3段階で子どももお母さんも笑顔で次の行動に移れるでしょう。

今日の1日1成長

子どもを次の行動に促したいときは、まず今の気持ちを受けとめよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの導く力も1成長。
みきいくみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]