Baby&Kids

「ありがとう」は思いやりの心が育つ。親が子どもに伝えよう

vol.1411【1日1成長お母さん】思いやりの心を育てる鍵は人に心から喜んでもらったという経験

人を思いやるために必要なことは相手の気持ちを想像できる力を育てること

お母さんたちにどんな子に育ってほしいと聞くと、思いやりのある子という答えが返ってくることがあります。
では思いやりの心とはどうやって育つのでしょうか。「人に優しくしなさい」と言うだけでは、子どもはどう行動していいのかわかりません。思いやりとは人の気持ちを想像する力。相手の立場になって考えることができて初めて人に優しくできます。
まだ考えることが難しい子どもには、お母さんとの関わりの中で人の気持ちを想像する機会を与えましょう。

お母さんに促されることなく子どもが自ら人を思いやれるようになってほしい

優しく思いやりのある子になってほしいと考えていたRくんのお母さんは、日頃から「人に優しくしなさい」と伝えていました。しかし公園で友だちにおもちゃを貸さないRくんの姿を見て、どうしたら人の気持ちを思いやることができるのだろうと考えるように。
「お友だちに貸そうね」や「ありがとうは?」とお母さんが促すと行動できるものの、自分からはしないRくん。お母さんはうちの子は思いやりがないの?と心配になってしまうのです。

自分の行動で人を喜ばすことができたという経験が思いやりの心を育てる

思いやりの心を育てるためにお母さんが子どもに心から「ありがとう」と言いましょう。「ありがとう」は相手の優しさを感じた時の感謝の気持ち、あなたに助けられたわというメッセージです。
“お母さんの役に立てて嬉しい”というやりがいを子どもは感じます。「ありがとう」と言われることの喜びを知ることで子どもは「ありがとう」という言葉の本当の意味を理解します。
そして自分も相手のために何かしたい、喜んでもらいたいという感情が生まれるのです。

「ありがとう」は「大好きよ」というメッセージ。子どもにどんどん伝えよう

子どもはお母さんが大好きです。お母さんが食事の準備をしていると「手伝いたい」と言ったり、お手紙や折り紙のプレゼントをしてくれたり数え切れないほどの「大好き」というメッセージを伝えてくれます。
そんな時に心をこめて「ありがとう」と言いましょう。「お手伝いしてくれてありがとう」「お手紙ありがとう」どれも全てが「あなたが大好きよ」というメッセージ。
「ありがとう」が溢れる家庭にすることで、思いやりのある素敵な人へと成長していくでしょう。

今日の1日1成長

優しい子になってほしいなら親が子どもに心からの「ありがとう」を言おう
子どもの思いやる力も1成長、お母さんの愛情も1成長。
みきいくみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!