Baby&Kids

お手伝いは自立への第一歩。完璧を求めるより経験させてあげよう

vol.1420【1日1成長お母さん】「やりたい」と言う今がチャンス。お手伝いの経験が自立心を育む

完璧にはできないお手伝い。イライラせずにやらせてあげるには工夫が必要

子どもが3歳くらいになるとお母さんのしていることを「やりたい」と言うようになります。
洗い物をしたり洗濯物を畳んだりしているときに子どもが手を出してくると時間がかかり、お母さんにとってはありがた迷惑に感じてしまいます。家事や育児をするだけでも時間に余裕がないのに、子どもにお手伝いをさせると余計に時間がかかってしまいます。
そんなお母さんは少し工夫をして子どもに手伝ってもらいましょう。

お手伝いをさせるのに大切なのは、上達を求めることではなく経験させること

3歳くらいになると少しずつ手先が器用になってきます。それでも大人と比べるとまだまだ不器用。
洗濯物は小さく丸めただけ、洗い物はいつの間にか水遊びになっていることでしょう。「こうやって畳むのよ」「コップはこうやって洗うの」と指導したくなります。
ですが子どものお手伝いで大切なのはうまくできるようになることではなく、自分の行動が家族の役に立つと知ること。上達を求めるよりも経験させることが大切なのです。

子育てのゴールは自立させること。お手伝いの経験が自立心を育みます

子どもにとってお手伝いは人のためにする初めての仕事です。家事を手伝って家族に貢献できるチャンスなのです。
たくさんお手伝いを経験することで自立にも繋がります。子育てのゴールは子どもを自立させること。3歳は自立心が伸びる時期なのです。
今を逃すと子どもの興味は他に移ってしまいますので「やりたい」と言ったことは可能な限りやらせてあげましょう。そうすることでその後の子育てがうんとラクになります。

「やりたい」と言う時がチャンス。イライラせずに見守る工夫をしよう

とはいっても忙しいお母さんはなかなか子どもを自由にさせることに抵抗があります。子どもが畳んだ洗濯物はぐちゃぐちゃ、洗い物をすれば周りがびちゃびちゃになってしまい手出し口出しをしたくなります。そんなお母さんは少し工夫をしてみましょう。
10分間だけと時間を決める、完璧を求めない、お手伝いしている時は見ないようにするとイライラは軽減されます。
「やりたい」と言う今がチャンスだと割り切り、頑張る子どもを受け入れてあげましょう。

今日の1日1成長

お手伝い魔には10分だけ自由にさせるなど工夫をし、やらせてあげよう
子どもの目標達成力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
吉田あき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!