Baby&Kids

いびつな形のおにぎりでも一生懸命作ったのなら最高のごちそう

vol.1421【1日1成長お母さん】不格好なおにぎりは成長の証。自立の始まりとして受け止めよう

お母さんの「きちんとしつけたい」という思いが逆効果を生むことがある

お母さんは子どもにきちんとしたしつけをしたり、生活習慣をつけてあげたりしないといけないと思う人も多いでしょう。その気持ちが強いあまり、結果の出来栄えを指摘し、子どもの主体性を損なってしまうことがあります。
しつけ自体はとても大切なことなのです。しかし、最初はその完成度よりも子どもが自分からやってみたいと言いだしたことが大切。
その点をしっかり認め、伸ばすよう心がけましょう。

「やってみたい」は子どもが自立へ向けた成長のステップを登った証拠

子どもが何かを「やってみたい」と言うときは“主体性の芽が出てきてひとつ成長をしたとき”です。
子どもの成長の過程で、この「やってみたい」という気持ちはとても大切です。この気持ちが育つと次に努力や協力などの新たな気持ちへと繋がります。そして、さらに自立へと成長していくのです。
子どもがやってみたいと言い出したら成長のポイントに差し掛かっていると判断し伸ばしてあげましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE