Baby&Kids

子どもが泣き止む方法。「泣いちゃダメ」より「悲しいのね」

vol.1430【1日1成長お母さん】まずは子どもの気持ちを受け止め、コントロールする方法を探そう

子どもは感情表現が豊か。なかなか泣き止まないときはつい焦ってしまう

子どもは大人よりも喜怒哀楽の表現が激しいですよね。
おいしい物を食べたときの嬉しそうな顔や公園でお友だちと楽しそうに遊んでいるときなど“喜”と“楽”を表現している姿を見ると、お母さんも嬉しくなるものです。
その一方で子どもが“怒”と“哀”の感情をむき出しにしているのを見ると“早く止めなきゃ”と思うこともありますよね。なかなか泣き止まないときは「もう泣かないでよ!」なんて言いたくなることもあるでしょう。

感情は自然に出るものなので止められない。でもコントロールはできる

誰でもトイレに行きたくなるのと同じで、感情は生きていれば自然に湧き出るものです。
そのため無理に止めようとしてもできません。泣いている子に「泣いちゃダメ」なんて言うのは、トイレに行きたい子に「行っちゃダメ」と言っているようなものです。
感情は止めることはできませんが、対処次第でコントロールできるようにはなります。
そのために最初に必要なのは、お母さんが子どもの感情を受け入れてあげることです。

子どもは自分の感情が分かっていない。言葉に出して自覚させてあげよう

子どもは心に何かモヤモヤしたものを感じていてもそれが何なのかがよく分からないことがあります。
子どもが怒ったり泣いたりしている時は、まずお母さんが子どもの感情を言葉にしてあげてください。「怒っているんだね」「悲しいんだね」といった具合です。そうすると子どもは「自分は怒っているんだ」と自覚できます。
子どもが「イヤだ~」と言いながら泣いている時は「イヤなのね」と言葉をそのまま繰り返してあげてください。
 

子どもの心が落ち着いた後、具体的にコントロールする方法を提案しよう

お母さんが感情を言葉にしたり、子どもの言葉を繰り返したりしていると「お母さんは分かってくれた」と感じ、心が落ち着いてきます。
その後に具体的にコントロールする方法を一緒に考えてください。お母さんとお喋りをする、体を動かす、大声を出すなど色んな提案をしてあげると良いですね。
このような経験を繰り返すと子どもは自分で感情をコントロールする術を身につけていきます。
そうすると怒っても他人に感情をぶつけるようなことはしない子になるのです。
 

今日の1日1成長

子どもに早く泣き止んでほしいときは「悲しいのね」と声をかけよう
子どもの制御力も1成長、お母さんの提案力も1成長
田中京子(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/


 

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!