Baby&Kids

子どものストレス発散は運動だけじゃない。表現遊びもしてみよう

vol.1440【1日1成長お母さん】子どもは遊びの中で自分の気持ちを表現することで満たされる

子どものストレス発散方法は体を動かすだけではない。好きなことを探そう

落ち着きがなく、ストレスが溜まっているように感じる子どもに対し“もっと外で遊ばせよう”と思う親はたくさんいます。
実は運動だけでなく子どもの心の安定を得るためには何かを表現しながら集中する時間も必要なのです。
例えば絵を描く、工作、歌やダンスなどです。そのような遊びの中に子どもが好きな遊びはありませんか?
ストレス発散といえば運動がすぐに頭をよぎりそうですが、ぜひお子さんと一緒にいろいろな表現遊びを体験し、子どもが集中できる遊びを見つけましょう。

子どもは自分の気持ちを表現すると満足できてストレス発散ができます

なぜ外で遊ばせるだけでなく集中することが必要かというと、子どもには自分の内面を何らかの方法により表現したいという欲求があるからです。
子どもはこの欲求が満たされることで心が安定し、グッと落ち着くことができるようになります。
その対象はお絵かき、工作など何でも良いのです。好きなことで表現するとき子どもは集中しますし、完成すれば満足し心地よい疲労をするのです。
大切なのは子どもが“自分の気持ちを表現し満足する”ということ。決して完成度の高さは関係ありません。

子どもは表現することで満足感を得るとストレス解消し心が落ち着いてくる

MちゃんとYちゃんは仲良し姉妹。二人はストレスが溜まっているようで落ち着きがありません。お母さんは外で遊ばせて発散させようと頑張っていますが、効果はいまひとつ。
ある日、お母さんは二人が大好きなおままごとをたくさんした日は穏やかになることに気が付きます。そこで次の日からおままごとをしているときは「お外に行く?」と誘わずにそっとしておきました。
すると二人で長時間集中しておままごとをするようになり、その結果ストレス発散ができて少しずつ落ち着いてきたそうです。

子どもが熱中し表現する遊びはそれぞれ違う。子どもの心を観察しよう

何に集中してどんな遊びで満足感を得るのかは子どもによって違います。まずは子どもが何をしているときに集中するかを観察してみましょう。
また集中する機会が多い子ほど集中力はさらに高まっていき、心の安定に繋がるという好循環が生まれます。
集中力を育てることは自信を持った子どもへと成長していくためにも必要な発達の段階でもあります。ですので、体を動かすことと同じように子どもが集中すること、そして好きなことで気持ちを表現することは心の成長、安定、両方の面から見てとても大切なことなのです。

今日の1日1成長

折り紙、お絵かき、工作など子どもが気持ちを表現する遊びを見つけよう
子どもの表現力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
波多野裕美(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!