Baby&Kids

子どもを輝かせる言い換え法。お母さんの言葉に魔法をかけよう

vol.1442【1日1成長お母さん】短所は長所、長所も短所。見方を変えて子どもの得意を伸ばす

短所と長所は背中合わせ。見方を変えるだけで親子のストレス減になる

「うちの子、ものすごく頑固で!」「生意気なことばっかり言うの」と子育て中のお母さんは、わが子の行動に悩みを抱えがちです。つい、マイナス面に目を向いてしまうものですね。
実はお母さんが短所と思うことも、見方を変えれば素晴らしい長所になることをご存知でしょうか。子どもの短所を長所に捉えることができたら、子育てのイライラは軽減できます。
そして何より、お母さん自身が子育てを純粋に楽しめるようになります。

ゆっくりマイペースも立派な長所。視点を変えるだけで全く違う見方ができる

Mちゃんは幼稚園に通う女の子。何をするにもゆっくりマイペース。幼稚園の準備も、とにかくゆっくり。お母さんは毎朝イライラしながら「ほら、早く!遅れちゃうよ」と急かしても、まるで効き目がありません。
毎日、Mちゃんを叱ることに疲れたお母さんは幼稚園の先生に相談しました。
先生の「マイペースなのはMちゃんの良い所です。自分のペース持っているなんて素晴らしいですね」という言葉にハッとしたお母さん。Mちゃんの長所に気づくことができたのです。

リフレイムは魔法の言い換え法。前向きに言い換えることで心も穏やかになる

起こったできごとを違う方向から見てみると、お母さんが短所と思っていたことが長所に変わります。
これは“リフレイム”という手法。ものごとの捉え方の枠組みを変え、ポジティブに捉え直す効果があります。
“マイペース”は“自分らしさ”と捉えると立派な長所。ゆっくりでイライラしていた行動も“丁寧”という見方もできます。
そう思えば、わが子の行動の一つ一つが誇らしく思えるもの。「ほら!早く」の代わりに「丁寧にできたね」と言ってあげられるでしょう。

子どもの短所は長所をみつけるチャンス。見方を変えて長所に変えてしまおう

大切なのは発想の転換。見方を変えるだけで、今まで叱っていたことも急に褒めてあげたくなる長所へと早変わり。まるで魔法のように親子のストレスも緩和されます。
さらに、子ども自身も気づけなかった自分の魅力を改めて言葉にしてもらうことで、子どもの自己肯定感も高まります。
長所と短所は紙一重。ならば、プラスにフォーカスして子どもの魅力に磨きをかけてあげましょう。
やがて、それが才能として開花できるよう大切に育ててあげたいですね。

今日の1日1成長

子どもの欠点は長所を見つける材料。発想の転換と声かけ法で気づきを与える
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
わたなべみゆき(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!