Baby&Kids

体力の向上だけじゃない!自然遊びで伸びる子どもの非認知能力 

vol.1447【1日1成長お母さん】思う存分自由に遊んで探求し開拓する力こそが将来必要となる力 

小学校入学前の夏休みに山や川がある自然の中で自由に遊ぶ体験をしよう

「子どもは遊びが仕事!」と言うように子どもには遊びを通して、たくさんのことを学び成長してほしいものです。
小学校へ入学するまでに身に付けてほしいものは、授業中椅子に座っていられる体幹と集中力です。
それには普段の公園や園庭での遊びだけでなく、昔の裏山みたいに山や川がある自然の中で自由に遊ぶ体験が重要です。普段はなかなか行けない山や川など自然に触れられる場所を夏休みの旅行先にしてみると良いでしょう。

自然遊びは子どもの五感が刺激され、自分で遊びを開拓すると想像力が伸びる

自然の中にいると葉やさまざまな匂いや感触、味、気温、自然の色、動物の鳴き声などの音を経験することができるのです。それによって嗅覚、触覚、味覚、視覚、聴覚と言った五感が刺激され、脳の神経回路が発達し脳の活性化に繋がると言われています。
自然の中で「好きに遊んでいいよ」と言われると始めは戸惑うかもしれません。恐る恐る木や葉っぱ、枝や石、川の水に触ったりすることから始め、次第にダイナミックになるでしょう。
子どもは想像をめぐらせて、次々にいろんな遊びを開拓します。

 

「楽しい」「できた」を実感することで子どもの意欲と集中力が高まります

拾ったもので何かを作ったり、釣りを体験したりと自分で考え普段できない遊びを体験することが重要です。普段できない遊びを体験することで「この遊びは楽しい」「頑張っていたことができた!」ということを実感します。
もっとやりたいと意欲的になれるのです。そして何かに熱中している時は「何作っているの?」と声を掛けたくなりますがそこをグッと我慢し見守りましょう。
何かに熱中する時間が長くなればなるほど集中力が高まるのです。

自然の中で一緒にリフレッシュしよう!親も子も最高のストレス解消となる

普段なかなか来られない自然な場所に行くのですから、お母さんも一緒にリフレッシュしましょう。子どもの頃に戻った様に子どもと思う存分楽しんでください。
自然の中でゆったりくつろいだり、親子で楽しく全速力で駆け回ったりと、自然を満喫することで心が洗われます。ストレス解消の仕方がまだよくわからない子どもにとって外遊びは貴重なストレス解消方法です。
普段できない体験を通して親子の絆を育み、子どものを見守りましょう。

今日の1日1成長

子どもの意欲と集中力を高めたいなら夏休みに山と川がある自然で遊ぼう
子どもの発想力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
杉岡由香(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/


 

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!