出典:photoAC

Baby&Kids

新生児の快適な室温とは?何に気をつければ良い?季節別に解説します☆

生まれたばかりの赤ちゃんは、自分だけではうまく体温調節ができません。室温を大人の適温に合わせてしまうと、エアコンで体を冷やしすぎたり暖房で温まりすぎたりすることがあります。赤ちゃんは、体が冷えやすく温まりやすいので、室温によっては体が冷たくなったり、汗だくになったりすることも。今回は、赤ちゃんが暑い、寒いと感じるときはどんなサインがあるのか、寝るときに注意する点は何かなど、ご紹介していきます。

まずは、赤ちゃんにとって快適な室温とは何度なのか季節別に見てみましょう。

■【春夏秋冬】赤ちゃんにとって快適な室温って何度?

出典:photoAC

赤ちゃんが快適に過ごせる温度は何度なのでしょうか? 気温の変化が大きい春から見てみましょう。

・【春】 激しい気温差に注意!汗をかいていないか確認を

春は、気温が不安定で外気温が大きく変化するので室内の温度調節に気を配る必要があります。3月、4月の朝、夕は15度前後ですが、日中と日没後では10度以上の気温差があることも。
気温が高い日でも最高気温が20度前後にしかならないので、赤ちゃんの様子を見ながら暖房器具を使うなどして20度~22度を目安に温度調節をしてくださいね。
赤ちゃんは汗をかきやすいので、汗をかいていたら体を拭いてこまめに着替えもするようにしましょう。

・【夏】外と室内の気温差に気をつけて☆通気性の良い服装を

夏は、外気温が高いので室温も高くなりますよね。暑くて心配になりがちですが、そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。25度~26度を目安に温度調節してくださいね。
エアコンで室温を調整するときは、外気温との差があまり大きくならないようにしましょう。気温差が大きいと、外出するときに赤ちゃんの体に負担がかかることもあるので注意してくださいね。
また、服装については、赤ちゃんの体の熱が服にこもってしまわないように、通気性のよい生地のものを選んで、薄着にしてお出かけしましょう。

・【秋】気温が下がる季節は、赤ちゃんの体温もこまめにチェック

秋は、残暑が厳しく外気温も室温も高い日がありますが、気温が下がる季節でもあります。初秋の日中は22度前後の気温があっても、夜は15度くらいに下がります。
日が落ちていくと同時に気温がぐっと下がるので、20度~22度を目安に温度調節をしましょう。暖房器具を使って温度調節をし、赤ちゃんに上着を着せたり、布団を掛けてあげたりして過ごしやすくしてあげてくださいね。

・【冬】乾燥しがちな季節は湿度も大切!

冬は、外気温が低く室温も下がるので赤ちゃんだけでなく幼児になっても注意が必要です。真冬には10度以下になる地域が多いので暖房器具などを使って温度調節をしましょう。
室温は202~25度くらいを目安に調整してくださいね。また、冬は特に乾燥しているので加湿にも気を配りましょう。湿度は、50%~60%くらいが良いですよ。

■赤ちゃんが寒い、暑いを感じたときのサインってあるの?

出典:mamagirlLABO @hikaru.m_nさん

赤ちゃんは、体温調節をしているとき、手や足が冷たくなり、体は温かくなります。このときに手足を温めすぎると体温調節がうまくいかず、赤ちゃんの体に熱がこもることがあります。
心地が悪いと泣いたりぐずったりしますが、大人に伝えることはできません。なので、赤ちゃんの体にふれて機嫌も含めて様子をみてあげてくださいね。

・【暑いときのサイン】汗をかいたり、布団をける

暑いときの最も分かりやすいサインは、汗をかいていることです。赤ちゃんの頭や首筋をさわってみると◎。暑くて布団を蹴るような動きをすることもありますが、まだ体をうまく動かすことができない赤ちゃんは、たまたま布団を蹴ったか、布団から足が出てしまっただけかもしれません。
室温計などで室温を確認したら、赤ちゃんの手や足、体をさわって体温も確認してみてくださいね。暑そうであれば、薄めのかけ布団、またはタオルなどに変えてみましょう。赤ちゃんが着ている服を薄手にしてみるのも良いですね。

・【寒いときのサイン】体が冷たくなっている

寒いときのサインは、暑いときに比べて分かりにくいかもしれませんが、体が冷たくなっているときは、寒さを感じています。特にクーラーがきいている部屋では、手足だけでなく体も冷えていることがあります。
おくるみで体を包んであげたり、タオルをかけてあげたりすると良いですよ。手や足、おなかや背中をさわってこまめに確認してあげてくださいね。
また、赤ちゃんの体の片側だけが冷えていることもあります。手の平や指先、腕、足など、片方だけ部分的に冷えていることも珍しくないので、どちらか片方だけではなく全体をチェックしてみてくださいね。部分的に冷えているときは、手の平で冷えている部分を包むように温めましょう。

■【暑いとき】寝るときに注意することってどんなこと?

出典:photoAC

暑い時期に赤ちゃんが寝ているとき、喉が乾いてないかな?エアコンつけた方が良いかな?と、気になることが多いですよね。実際どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

・エアコンの風は、赤ちゃんに直接当たらないようにしよう!

出典:ぱくたそ

エアコンは、温度調節に欠かせないものですよね。しかし、使用する際には少し注意が必要です。大人が考える快適な温度と、赤ちゃんにとって快適な温度は違います。
また、エアコンの風が赤ちゃんに直接当たると、冷えや乾燥の原因になります。エアコンをつけるときには乾燥対策も行うようにしましょう。冬は特に乾燥しがちなので、加湿器を使用して湿度にも気をつけてくださいね。

・母乳やミルクの時間に気をつけて、熱中症に注意しよう!

出典:mamagirlLABO @saccho_oさん

赤ちゃんは、お腹がすくと泣きますよね。暑い時期は、泣いていないから少しくらい時間が空いても大丈夫かな?と考えるのは危険です。脱水症状、熱中症になる恐れがあります。ミルクや母乳の間隔は空きすぎないように気をつけましょうね。

・直射日光が赤ちゃんに当たらないように工夫しよう!

出典:ぱくたそ

直射日光は、赤ちゃんの体温を異常に上昇させることがあります。また、紫外線は赤ちゃんの肌に負担がかかります。乳幼児から強い紫外線を浴びることは良くないとされているので、カーテンなどで直接太陽光が当たらないようにしましょう。
外出する場合は、スリングに入れたり、日傘をさしたりして太陽光の刺激を受けないように工夫が必要です。外出時間は午前10時から午後3時までは直射日光に当たりやすいので気をつけてくださいね。

■【寒いとき】寝るときに注意することってどんなこと?

出典:photoAC

寒い時期に赤ちゃんが寝ているとき、暖房の温度大丈夫かな?と気になることも多いですよね。暖房をつけるほどでもないときは、ちょっとした工夫や対策で寝冷え予防ができますよ。

・暖房をつけるほどでもないときは、スリーパーを使おう!

出典:mamagirlLABO @maaaai0111さん

寒い時期でも、暖房をつけるほどでもない日ってありますよね。赤ちゃんもさほど寒くはなさそうでも寝冷えしてしまうことがあります。寝冷えすると、風邪をひいてしまったり体調を崩してしまうかもしれません。
そんなときは、スリーパーがおすすめです。ガーゼやコットン製のスリーパーであれば、一年中使うことができるので、あると便利ですよ。

・お腹が冷えてしまわないよう腹巻などを使おう!

出典:筆者撮影

まだうまく動けない赤ちゃんでも、布団を蹴って体が出てしまっていることがあります。夜中に何度も確認して布団をかけるのは大変ですよね。寝冷えすると、お腹を冷やして下痢になったり体調不良になったりして看病をするのも大変です。
そんなときは、腹巻をつけたり腹巻つきのズボンを履かせると安心ですよ。腹巻は、新生児の赤ちゃんから使えるので使ってみてくださいね。

・最低気温をチェックして気温差に気をつけよう!

出典:ぱくたそ

室温の温度調節には、その日の外気温を知ることが必要です。明け方に最低気温になることが多いので、寝冷えを避けるためにも最低気温を知っておきましょう。
夜間も日中と同じように暖房器具、加湿器を使って室温は20度以上、湿度は50%以上を保つと良いですよ。

■赤ちゃんにとって快適な室温を保つおすすめアイテム☆

赤ちゃんとの生活は、いろんなことを気にしなくてはいけないので、大変ですよね。そこで、赤ちゃんにとって快適な室温をキープする手助けをしてくれるアイテムのご紹介です。

・多くのママが活用!室温計と湿度計

出典:photoAC

赤ちゃんは、大人と同じくらいの汗腺がありますが、皮膚の体表面積が小さいので汗をかきやすく、体温調節が苦手です。なので、大人が室温調節、赤ちゃんが着る服の調整をしなくてはなりません。室温調節は、室温計、湿度計を置いて確認することで対策が取れますよ。
室温計、湿度計にはデジタル、アナログの2種類あります。デジタルタイプは、バックライトがついているタイプがあり、夜間授乳のときに便利です。アナログは、時計のように細かくメモリが振ってあり、気温と湿度が上下に配置されているものが多いです。

・転倒しても安心!自動停止機能がある暖房器具

出典:photoAC

新生児の赤ちゃんは、暖房器具に手が届かないから何を使っても大丈夫と思っていませんか?ひょっとしたら大人が暖房器具を誤って倒してしまう可能性があります。赤ちゃんの兄弟がいれば、お兄ちゃんやお姉ちゃんが倒してしまうかもしれません。
使っている暖房器具や場合によっては、火事になることもあります。そんなときは、倒れたときに自動で電源が切れる機能や消火される機能があるヒーターなどの暖房器具がおすすめです。

・効率よく部屋に冷気を行き渡らせる!サーキュレーター

出典:photoAC

エアコンでは冷えすぎてしまうと感じる方には、サーキュレーターがおすすめです。エアコンなどで得た冷気が一カ所に留まらず、部屋全体に行き渡らせることができるので、効率良く部屋の空気を冷やすことができます。

・コンパクトサイズが便利!加湿器

出典:photoAC

加湿器は、湿度調節に欠かせないアイテムです。湿度は、室温をキープするために必要です。ポット型のコンパクトな加湿器や、小型加湿器など小さいものにすると、赤ちゃんや兄弟の手が届かない場所に設置できるので火傷の危険性も軽減できます。
また、転倒しても蓋が開かない仕様になっているものもありますよ。

■赤ちゃんにとって快適な室温は、大人が調節してあげましょう

出典:photoAC

赤ちゃんが快適に過ごすためには、室温調節や赤ちゃんの服装などに気を配る必要があります。大人が気に掛けてあげることで赤ちゃんの健康は維持できるので、スキンシップのように赤ちゃんにこまめにふれて機嫌を見てあげてください。
心配になることもあると思いますが、今回ご紹介したことをポイントに、赤ちゃんが快適に過ごせるお手伝いをしてあげてくださいね。

mi-i

パン作り、パンを食べること、パン屋巡りが大好きです♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!