Baby&Kids

挨拶はすべてのコミュニケーションの始まり。焦らず身につけよう

vol.1454【1日1成長お母さん】決まった言葉を練習すれば思い切って声が出せるようになる

知らない人との会話が苦手な子には無理強いよりも繰り返し挑戦する機会を

人見知りの子どもは家族以外の人と話すことが苦手です。
挨拶をされたときや話しかけられたときに答えられないこともあるでしょう。もしかしたら心の中で返事をしているかもしれませんが、実際には声が出ません。
こんなとき、挨拶をしてもらいたいと思うあまり無理やり返事をさせようとすることはありませんか?実はこれは逆効果です。
それよりも時間をかけて焦らず何度も挑戦しましょう。できるようになることで挨拶の大切さや気持ちよさに気づきます。
次第に自発的に挨拶ができるようになるでしょう。

挨拶は決まった言葉とタイミング。自分から声を出す練習に最適です

繊細な子は知らない人や場所を怖いと感じて緊張してしまい、質問されたときにスムーズに返事が出てきません。
そこでおすすめなのは「おはよう」「さようなら」などの決まった言葉でやりとりをする“挨拶”です。
挨拶なら最初は声に出せなかったとしても何度も繰り返すことで少しずつ言えるようになってきます。
また、他者と「おはよう」のやりとりができたという成功体験を重ねることは、子どもの自信にもつながります。

最初はお母さんと一緒でも構わないので「言えた」という経験を重ねよう

新しい環境に馴染むのに時間がかかるKちゃんは、幼稚園に入園した時は挨拶もできず泣くばかり。
お母さんはKちゃんに「挨拶しなさい」と言ったり、無理やり言わせたりしようとしましたが逆効果。そこで、一緒に「おはようございます」と言う練習をしました。
Kちゃんが小さな声でも言えたときには「気持ちがいいね、言えたね」と声をかけました。
少しずつ自信をつけていったKちゃんは、一人でも「おはよう」と言えるようになり、クラスでも元気いっぱい過ごせるようになりました。

挨拶は社会生活がスムーズになる習慣。 “自分から”を目指して練習しよう

繊細で緊張するタイプの子は弱そうに見えても、芯が強く表現力が豊かな一面を持ち合わせています。
挨拶は社会生活において大切な習慣であり、新しい環境に馴染みやすくなる手段でもあります。お母さんは“早く挨拶ができるようになってほしい”と焦るかもしれませんが、今は挨拶をするチャンスをたくさん作りましょう。
お母さんと一緒に練習しながら子ども自身が“おはようと言えた”という自信を積み重ねることができたら、いつか必ず自分から素敵な挨拶ができるようになるでしょう。

今日の1日1成長

未来のために無理やりではなく毎日「おはよう」と言う機会を作ってみよう

子どもの挑戦力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
波多野裕美(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!