出典:@ yagigigi1234さん

Lifestyle

IoT家電で生活がスマートに変わる!仕組みや便利アイテムをピックアップ

IoT家電と呼ばれるものが普及するようになったのは、爆発的なスマホの普及がひとつの要因といわれています。しかし、「そもそもIoTって何なの?」「IoT家電っていったいどういうもの?」とはてなマークだらけの人もきっといるはず!そこで今回は、IoT家電の仕組みやアイテムについて詳しく見ていきましょう。

そもそもIoTとは“Internet of Things”の略。直訳すると「モノのインターネット」ですが、そういわれてもわからないという人もいるでしょう。まずはIoTの基本情報から紹介していきます。

■そもそもIoT家電とはどういうもの?

出典:photoAC 

最近ニュースでもよく取り上げられている、IoT家電がどういったものなのか具体的にイメージしていきましょう。

・家電にインターネットをつなげたもの

出典:@ yagigigi1234さん

これまで家電は人が操作して動かしてきました。しかし、これまでインターネットとつながっていなかった家電たちも、通信によるつながりを持てるようになりました。
インターネットと家電をつなげることで、家電を遠隔操作できるようにした商品のことをIoT家電と呼びます。

・スマホと連携したエアコンや冷蔵庫が普及中

そもそもIoTという言葉は1999年頃登場し、2010年以降から急激に世間に知られるようになってきました。その要因となったのが、スマホといわれているんです。
その理由はスマホ開発により部品がコンパクトになりより単価が下がったことで、さまざまなものにIoTに必要な部品を搭載できるようになったから。そのスマホとIoT家電をつなげることで、離れていてもスマホの操作で家電の操作ができるようになったのです。
たとえば暑い夏に、あと1時間後に帰ると思えば、スマホで操作してエアコンのスイッチを入れ部屋を冷やしておくこともできるんですよ。

・家電同士をつなげるものもある

出典:@ yagigigi1234さん

さらにIoT家電のすごいところは、モノとモノが対話できるところ!たとえば洗濯機のスイッチを入れただけで、クラウド上のAIに接続してその日の天気に合った洗濯方法を、アドバイスしてくれたりもするんですよ。

■IoT家電の仕組みを簡単に知っておこう!

出典:photoAC 

IoT家電の仕組みを簡単に説明すると、情報収集するシステムとフィードバックするシステムのやりとりになります。具体的にいうと、センサと呼ばれる電子部品で情報を取得。
センサでは画像や光、温度などが感知できます。そのほかにも湿度や加速度なども判別できるようです。取得したこれらの情報をスマホなどにフィードバックすることで、パソコンで確認できたりスマホで通知を受け取ったりできるようになっています。

■IoTの認知度は約82%!でも普及率は?

出典:photoAC 

IoTの認知度や普及率についても知っておきましょう。

・IoTの認知度は高いといえる

2019年の情報では、日本でのIoT認知度は約82%といわれています。でも普及率は5.3%だそうです。世界の普及率を見ると、アメリカでは2015年の段階で40%を超え、ほかの国でも10%から20%。
また2020年度の推移予測でも、ほかの国は80%まで伸びる予測ですが日本は50%と予測されています。このように、8割の人がIoTについて知っているのに実際日本では普及していないことがわかりますよね。

・実際に使っている人はまだまだ少ない

IoTを搭載した家電はスマート家電とも呼ばれ、いろいろな種類が販売されています。このスマート家電の認知度について「マクロミル」の調査を見ると、どんなものか説明できる人は17%。スマート家電を実際に使っている人は6.2%でした。
この結果からどうして普及していないのか理由をチェックすると、日本の家電がそもそも高性能ということもありますが、費用が高いとか接続が難しそうという理由などが挙げられています。

■IoT技術を導入した家電にはどういうものがあるの?

出典:@ yagigigi1234さん

実際にIoT技術を導入した家電とはどういったものがあるのか、具体例を紹介していきます。

・スマホで操作できるエアコン

出典:@ yagigigi1234さん

外出先からスマホを操作することで、エアコンのスイッチを入れたり切ったりするのはもちろん、設定温度に到達する時間によって部屋の性能を学習していく機能があるものもあります。
また、搭載されたAIが天気予報をもとに部屋の環境がどうなるか予測することもできるようです。

・アプリと連携した見守りカメラ

出典:@ yagigigi1234さん

見守りカメラは、ペットや小さな子ども、高齢者がいる家庭におすすめ。たとえば猫用トイレがモニターになっているものであれば、トイレをすることで体重や尿量、温度などチェックして変化をスマホに通知してくれます。
また高齢者や介護向けのIoT家電であれば、心拍や呼吸数を測って異常があれば通知してくれたり、居場所が確認できたりするオプションもあるようです。

・スマホで操作できるLED照明

出典:@ yagigigi1234さん

スマホで照明のオンオフや明るさの調整ができ、さらにはスマートスピーカーに「ただいま」と話すだけで廊下や部屋の照明がつくなんてことができるアイテムもあります。
またスマホのGPSなどを使うことで、家を出れば自動で照明がオフとなり家に帰るとオンになるという照明もあるようです。

・アプリと連携した冷蔵庫

出典:@ yagigigi1234さん

IoT搭載の冷蔵庫では、スマホで冷蔵庫内の温度を調整したり賞味期限の管理をしたりしてくれます。
そのほかには、特売情報を取得して通知してくれたり献立の提案をしてくれたり。ドアの開閉で安否を確認できる見守り機能や、スマホアプリで伝言を送信することができる冷蔵庫もあるようです。

話題のIoT家電を使って暮らしをスマートに

自分の家にはまだちょっと…と思っている人もいるかもしれませんが、これだけスマホが普及していることを考えればスマホと同じようにIoT家電の普及もそう遠くないはず!
気になった人は、ぜひ家電ランキングなどでチェックしてみてくださいね。IoT家電を使ってスマートな暮らしを手に入れてみて下さい。

nobii

お調子者女児のママ。証券会社に勤務し夫の転勤を機に退職。出産後ライターへ。2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有。
【Instagram】nobii00
沖縄専用アカウント→okinawa.daisuki01
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!