出典:photoAC

Baby&Kids

トイトレ成功の秘密は?適切なスタート時期と楽しくなる便利グッズのご紹介

2歳を過ぎてそろそろトイトレを始めようと考えているママさんも多いですよね。育児本には進め方の目安が書かれていますが、トイレに行くことを嫌がる、外出先になるとトイレでできなくなる…とうまくいかないことも。トイトレを進めるにあたって大事なことは焦らないことです。お子さんとおうちの方が楽しくなるようなグッズややり方のコツを伝授します♡

トイトレを始める目安や進め方、注意点などを紹介していきます。

■トイトレはいつスタートする?ここに注目!

トイトレを始める目安の具体例をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・お子さんからのサインをしっかり見極めよう

出典:photoAC

月齢ではなく、お子さんが自分でトイレに行こうとする気持ちができていることが重要です。トイレまで自分で行けることや、おうちの方と簡単な会話ができること、おしっこの間隔が2時間以上空いていればトイトレを始めてもいい時期でしょう。個人差はありますが、男の子の方がおしっこの出た感覚が分かりづらいため、スタート時期やおむつが外れるまで時間がかかってしまうことも多いそうです。

・トイトレは何歳でスタートする人が多いの?

出典:photoAC

最も多い月齢は2歳から2歳6カ月と言われています。1歳7カ月から8カ月になってくると「うん」とか「いや」などといった簡単な会話ができるようになり、トイレに行くときの反応を受け取りやすくなります。トイレまで歩けることや、便座に自分で座ることが可能になるなど、運動能力も発達してくる時期です。個人差がありますので、お子さんに合った時期をしっかりと見極めたいですね。

・トイトレに適した季節とは?

一番おすすめの時期は薄着になる春から夏です。冬のように重ね着する機会が減るため、ズボンやスカートなど脱いだり履いたりすることが簡単にしやすくなるからです。万が一汚れてしまっても洗濯をしてすぐに乾く季節なので、トイトレに失敗して洗濯が必要になったとしても負担が少なく済みますよ。

■トイトレにはこれをそろえておくと安心!

便利なアイテムを使って、トイトレにチャレンジしてみましょう。

・トイトレ用パンツでおしっこをした感覚が分かる

出典:photoAC

トイトレ用パンツを履くことで、濡れてしまった、気持ち悪いという感覚が分かります。気持ち悪いという感覚で、失敗しないようにトイレに行ってみようという気持ちが次第に芽生えてきますよ♡好きなキャラクターがデザインされたパンツなら喜んではいてくれるかも!トイレで少しずつおしっこができるようになってきたら、日中はトレーニングパンツにチャレンジしてみましょう。

・補助便座やおまるならちいさなお子さんでも座れる

出典:photoAC

トイレに興味を持ち始めたら補助便座やおまるに挑戦!座ることに慣れるのが重要なので、嫌がったら無理をしないでくださいね。2歳から3歳のお子さんなら補助便座に座らせてもいいでしょう。トイレが終わったらそのまま流せるので、おうちの方の負担が少ない方法です。

・絵本でトイレに行くきっかけ作りを

まずはトイレで排泄をすることに興味を持ってもらいましょう。絵本なら楽しい内容や明るい絵などが描かれていて、トイレで排泄するイメージがつきやすくなります。絵本で読み聞かせをして、イメージトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

■トイトレはどうやって進めていけばいい?

まずはトイレに興味を持つことです。おうちの方がトイレに行くときにいっしょに連れて行くことや、トイレは怖くないところと教えてあげましょう。次におしっこをしたいような様子が出てきたら、トイレやおまるに座らせてみてください。生活の中でタイミングを決め、トイレに誘って慣れさせましょう。

■トイトレをするときは声掛けと気持ちに注意が必要

トイトレには失敗がつき物です。お子さんの気持ちやおうちの人の気持ちを優先してくださいね。

・漏らしても怒るのはNG!広い心で受け止めて

出典:photoAC

「トイレに行けたこと」や「おしっこを教えてくれたこと」など、どんな小さなことでも褒めてあげましょう。褒めることでお子さんが自信をつけることが大切です。次のステップへと繋がりやすくなります。

・後退したときや、ママや本人のストレスになる場合は中断も

トイトレは環境や何らかのきっかけで、今までできていたことも後戻りしてしまうこともあります。お子さんやママがストレスを感じる場合は、無理をせず一旦中断し、少し様子を見てから再開してもいいかもしれません。

■トイトレを手助け!便利なアイテムを使ってみよう

ちょっとした工夫でトイトレが進むことも。お子さんの様子で取り入れてみてくださいね。

・お手入れも簡単!補助便座を使って座る習慣を

出典:筆者撮影

大人用のトイレでは座る部分が大きくて怖いと思うお子さんもいるそう。お尻が落ちないようにするため、補助便座が欠かせないアイテムです。『Combi(コンビ)』で売られている「ベビーレーベル 補助便座」2,600円(税抜)は、写真の様に前方にハンドルがあるタイプです。他のメーカーからもさまざまな種類が販売されています。

・おまるは小さなお子さんやトイレが苦手なときに便利

出典:筆者撮影

1歳からトイトレを始めようと考えている方は、おまるがおすすめ。体が小さいお子さんでも座れて、姿勢も安定します。『西松屋』のプライベートブランド『SmartAngel(スマートエンジェル)』の「【SmartAngel】 抗菌オマル しろくまさん」1,819円(税抜)は、前にかわいいくまさんがデザインされ、補助便座のシートがついているおまるです。使用後はきれいに洗ってくださいね。

・踏み台を使って安全に便座に座れる

出典:@ fu_mogさん

大人の高さに作られているトイレでは、高すぎて一人では座れません。そのため踏み台があると子どもが1人で座ることができます。@fu_mogさんがお使いの踏み台は、『PIYO(ピヨ)』の子ども用ステップ台です。落ち着いた色合いでおうちのインテリアにも馴染むデザイン。「Amazon(アマゾン)」で2,980円(税込)で販売されています。

・絵本を読んでトイレに行くことを教えてあげよう

出典:mamagirlLABO@ peechan_0601さん

「ノンタンおしっこしーしー」600円(税抜)は、ノンタンと仲間たちが「しーしーしー」とおしっこをする内容です。楽しい擬音を使いながらおむつやおまる、トイレでおしっこをするので読んでいくうちにトイレに興味を持ち始めてくれるかも。お子さんといっしょに絵本を選ぶのも楽しそうですね。

 ・トイレができたらご褒美シールで達成感を

出典:photoAC

トイレでできるようになったらご褒美シールを貼るのも効果があります。できたという達成感が目に見えて分かるので、次へのステップに繋がりますよ。『DAISO(ダイソー)』などの100円ショップでも販売されているので、お子さんのやる気がアップするシールを選んでみてはいかがでしょうか?

■焦らず気長にトイトレを進めましょう

トイトレの進み方はお子さんによってさまざまです。失敗と成功を繰り返しながらできていくので、おうちの方は焦らずゆったりとした気持ちで進めてみてくださいね。便利グッズも上手に利用して、楽しく進めていきましょう♡

peechan

山梨県在住。周りには富士山や八ヶ岳!自然大好き。オシャレやコスメの情報も大好きです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!