出典:mamagirlLABO @ sayumikikunoさん

Baby&Kids

臨月はいつから?何に気をつければいい?過ごし方のコツを押さえて楽しもう

妊娠してから徐々にふくらんできたママのお腹は、臨月に入るとさらに大きくなります。お仕事をされている方も産休に入ってマタニティー生活もあと少しというところですね。もうすぐ赤ちゃんに会える出産間近のこの時期に、運動や旅行はしてもいいの?と疑問に思う方もいると思います。今回は臨月の過ごし方や、出産兆候についてご説明します。

まずは臨月の定義や、臨月に入ったママと赤ちゃんの様子から見ていきましょう!

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■臨月とは?妊娠何週目からのことをいうの?

臨月っていつからなのか知っていますか?
臨月は、妊娠10カ月に入る36週0日以降の時期のことをいいます。出産予定日が妊娠40週0日ですので、予定日から計算すると4週間前の日からが臨月です。36週は、赤ちゃんがいつ生まれてもいい時期を1週間後に控え、ママの体も赤ちゃんの体も準備が整ってきます。

■臨月の赤ちゃんはどんな状態でお腹のなかにいるの?

出典:mamagirlLABO @ sayumikikunoさん

〇体の機能
呼吸の機能が発達して、おっぱいを飲む準備が整います。顔つきは赤ちゃんらしくふっくらして、肌はきれいなピンク色に。

〇体重
体重は個人差がありますが、36週では2,500g前後、40週近くなると3,000g前後まで大きくなっています。

〇姿勢
時期はそれぞれですが、臨月に入ると外の世界に出ていけるように背中を丸め、前で手足を組んだ姿勢になり、ママの骨盤内に頭が下りてきます。

〇胎動
一般的には、臨月に入り骨盤内に頭が固定されると大きな胎動は減ることが多いですが、中には出産直前まで元気に動き回っている赤ちゃんもいるんですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE