Baby&Kids

一人遊びが始まったら手をかけず心をかけて集中力を育てよう

vol.1487【1日1成長お母さん】夢中になって遊んでいる時は集中力がメキメキ育っている証拠

静かだと思ったらイタズラに熱中!その集中力、伸ばしましょう!

いつも走り回っている子が妙に静かだと思ったら黙々とイタズラをしていた、という経験があるお母さんは多いと思います。
大人にとってはイタズラに見えても、その子にとってはとても興味をそそられる何かを見つけた瞬間なのです。
子どもが何かに集中している時は、声をかけずに見守りましょう。どんどん集中力がついてきます。
どんな部分に興味を持っているのかをよく観察して興味の元を見つけることができれば、将来強みに繋がるかもしれません。

遊びに集中している時には、声をかけるのを我慢して黙って見守ろう

2歳ごろはイヤイヤ期真っ盛りです。その一方で知能の発達が著しい時期でもあるので、好きな遊びなどに集中できる環境を作ってあげましょう。
黙ったり、独り言のようにぶつぶつ言い始めたりしたら集中している証拠です。そんな時はたとえ遊び方が本来の方法でなくても、危険がない限り声をかけずに黙って見守ります。
この隙に家事を済ませたいと思ったら、子どもの様子が見える距離でできることを用意しておくと良いですね。

お気に入りのおもちゃのどこが好きか、一歩踏み込んで観察しよう

2歳のKくんは車が大好き。乗って進むことができるおもちゃもありますが、Kくんはいつも床に寝そべって眺めているだけ。お母さんとしては、車に乗ってブーブーと進んで遊んでほしいのですが、促しても乗ることはありません。
実はKくんは車ではなくタイヤがくるくると動くことに興味津々だったのです。そのことに気づいたお母さんが風車やネジ、ゼンマイのついたおもちゃを用意するとKくんはますます熱中して遊ぶようになりました。

集中している興味の元がどんなところか見極めて苦手克服に活かそう

子どもが遊びに集中し始めたら、少し離れたところから見守りましょう。そして遊びのどんな部分に興味を持っているのかよく観察しましょう。
細かい部分が好きな子、動きに興味を持つ子、繰り返しが好きな子など、同じ遊びをしているようでも興味を惹かれる部分はそれぞれ違います。
お子さんが興味を持った要素をうまく取り入れるようにすると、今まで苦手だったことにもだんだん集中して取り組めるようになります。

今日の1日1成長

2歳のイタズラは集中力の土台。危険がなければ涙をのんで見守ろう
子どもの集中力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
わたなべゆみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!