Baby&Kids

子どもが約束を守る方法。イヤイヤには「いいよ」と返そう

vol.1501【1日1成長お母さん】簡単に守れる約束から始めよう。ルールを守れる子に育つ

子どもはイヤイヤに「いいよ」と返されると、ルールを守れるようになる

子どもは駄々をこねたり、イヤイヤを言ったりすることがあります。お母さんは「ダメよ、〇〇しなさい」と頭ごなしに言ってしまいがちです。子どもが、ますますへそを曲げることもあるかもしれませんね。
そんな時は思いきって「いいよ」と言ってみましょう。その後に条件を続けます。子どもが走りたがっていたら「いいよ。公園の中だけ走ろうね」帰るのを嫌がれば「いいよ。鐘の音が鳴ったら帰ろうね」。
子どもがルールを守る確率が上がります。

子どもの気持ちを先に受け止めると、約束をきちんと守れる子どもになる

子どもはすぐには気持ちを切り替えられません。でも子どもは自分の気持ちを受け入れられると心が落ち着きます。
子どもが何かをしたいと言ったら、まず「いいよ」と受け止めましょう。「お母さんは僕のことを分かってくれた」そう感じると約束事を聞きやすくなります。
その後に「5時になったら終わりね」など条件を具体的に伝えます。条件を守ればお母さんはしたいことをやらせてくれる、子どもはそう思うと約束を守ります。

お母さんが受け止め方を変えるだけで子どもが約束事を守ろうと頑張れる

4歳のHくんは、約束の時間になっても公園から帰ろうとしません。帰り支度を始めたお母さんに、Hくんは「まだ帰りたくない。もうちょっと遊びたい」と言いました。
お母さんは怒りたい気持ちをぐっと堪えて「いいわよ。あと5分だけね」と答えました。怒られると思ったHくんは大喜び。5分間思いっきり遊ぶと「もう帰る時間だよね」と進んで家に帰りました。
お母さんは、自分で気持ちを切り替えて約束を守ったHくんの姿に成長を感じました。

子どもがルールを守れるように、まずは「いいよ」と返事をしよう

子どものしたいことに「いいよ」と言うのは勇気がいるかもしれません。でも先に子どもの気持ちを受け止めると、子どもも条件を受け入れやすくなります。危ないことでなければ受け入れてみましょう。
いつも「ダメよ」と子どもの要求を断っていると、子どもの心に不満が残り「約束を守ろう」と自ら思えなくなるかもしれません。
年齢があがるとルールも増えます。子どもが自然にルールを守れるようになるといいですね。

今日の1日1成長

子どもの気持ちを受け止めよう。自分でルールを守れる子どもになる
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの包容力も1成長
どばしはるな(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]