Baby&Kids

すぐに怒る子は気持ちを受け止めてもらうと状況を理解できる

vol.1505【1日1成長お母さん】抱きしめてもらうと安心して受け入れる準備ができます

断ると大号泣!子どものお願いを聞けないときの対応の仕方を工夫しよう

子どもの「シャボン玉したい」「三輪車出して」などというお願いには、なるべく応えてあげたいと思うお母さんは多いでしょう。でもお母さんにだって都合があります。いつも聞き入れてあげることはできません。
「ダメよ、お母さん忙しいの」と答えると「イヤだ~!今するの!」と大泣きされることもあるでしょう。特に元気いっぱいなタイプは「やってみたい」という気持ちに素直なため“わがまま”に感じることがあるかもしれません。
でもちょっと対応の仕方を工夫すると、子どもも納得しやすくなるのです。

気持ちに素直な子はお母さんに一度受け止めてもらえると落ち着いてくる

人には気質というものがあります。気質は人格の半分程を占める、生まれ持った個性です。その中にアクティブタイプという元気いっぱいな行動派のタイプがあります。
このタイプは小さいうちは「やってみたい」という気持ちを抑えるのが苦手です。感情が溢れ出したときには、一度気持ちを受け止めると落ち着きます。
その後状況をわかりやすく伝えると理解できます。元々とても優しい気質なので、5歳頃になれば相手の気持ちも理解できるようになっていきます。

お母さんの話を聞いてほしいときには子どもをぎゅっと抱きしめてみよう

アクティブタイプのRくんはお母さんと外で遊びたがっていますが、お母さんは料理の最中でキッチンを離れられません。Rくんはすぐに外遊びがしたいと怒り出しました。
お母さんはRくんを抱きしめて「すぐに外で遊びたかったね」とRくんの気持ちを言葉にしました。それからRくんに料理中は危ないからキッチンを離れられないことを説明し「料理が終わるまでRくんが待ってくれたらとても助かるの」と伝えました。
Rくんはお母さんの話を理解してお料理が終わるまで待てたそうです。

落ち着いてから話すことで自分の希望と違う状況を受け入れやすくなる

子どもは気持ちが落ち着いてから状況を伝えると、受け入れやすくなります。
興奮している間は話を聞くことが難しいので、お母さんが抱きしめてあげてください。落ち着いてきたら「○○したかったね」と子どもの気持ちを受け入れます。
それから状況を伝えることで、望みが今すぐには通らないことを理解していきます。子どもを抱きしめて、気持ちをぎゅっと包み込んであげましょう。
自分を受け入れてもらえると、相手の言葉も受け入れやすくなります。

今日の1日1成長

子どものお願いを聞けないときは、ぎゅっと抱きしめて気持ちを受け止めよう
子どもの理解力も1成長、お母さんの包容力も1成長。
きとうめぐみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]