Baby&Kids

お気に入りを離さない強いこだわりは不安感。安心させてあげよう

vol.1508【1日1成長お母さん】こだわりは可能な限り自由にさせることで心が安定する

自分ルールやこだわりが顔を出すのは成長の第一歩。見守る姿勢で

自我が芽生え始める2歳ごろになると同時に自分ルールやこだわりが出てきます。中には汚れているのに何度も同じ服を着たがったり、決まったおもちゃをいつも持ち歩いたり。あまりにこだわりが強いと、このままで大丈夫かな?と心配になるお母さんもいるでしょう。特に、環境の変化で不安を感じている時、バランスをとるように自分のルールやこだわりが強く出てくることがあります。こんな時はできる限り、子どもの好きなようにさせてあげましょう。

ありのまま、そのままを認めることで、安心感を与え信頼関係を深める

幼稚園に通う前はずっとお母さんと一緒だったMくん。通い始めたころはなかなか馴染めず毎朝大泣きでした。
幼稚園に毎日通えるようになりお母さんがほっとしていた矢先、Mくんがお気に入りのぬいぐるみをこっそり持って通園していることに気づきました。
お母さんも初めはビックリしましたが「一緒に幼稚園に行ってるんだね」と声をかけてみました。するとMくんはこれをきっかけに、今まであまり話さなかった幼稚園でのことをたくさん話してくれるようになったのです。

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]