出典:PhotoAC

Beauty

全身むくみを取る方法が知りたい!【体の部位別】解消法を詳しく解説します

朝起きたら顔がパンパンに腫れていたり、夕方になると足がゾウみたいに太くなってしまうことはありませんか?それはむくみが原因かもしれません。冬はむくみの原因が増える時期で、体調が悪いときや、天候によっても変わってくるんだとか。せっかく美容やボディメイクをして頑張っていても、台無しになってしまいますよね。

そこで今回はむくみを取る方法について紹介します。むくみを解消して、健康的なスッキリボディを手に入れましょう!

■むくみの原因は体内の水分バランスの乱れ

むくみは、体内の水分バランスが乱れて、細胞と細胞の間に水がたまった状態のようです。なぜそうなるのか、原因について紹介していきますね。

・血流の低下で水分がたまってしまう

血液と水はいっしょに全身を巡っています。ポンプの役割をしているふくらはぎの筋肉が、血液と水をいっしょに送っていますが、血流が低下すると水分もたまってむくんでしまいます。デスクワークをしていると夕方には足がパンパンになることはよくありますよね。座りっぱなしであまり動かないため、血流が低下し、重力の影響で、水分が下半身に。特に足はむくみやすくなります。

・塩分の取り過ぎで水分をため込む体に

出典:@ yagigigi1234さん

体は、体内の塩分濃度を一定に保とうとするため、塩分をたくさん摂ると、水分を溜め込んで、体内の塩分濃度を薄めようとします。これが、むくみの原因に。ハムやウインナー、外食などが続くと、塩分の摂取量が増えてしまいますよ。

・アルコールは塩分摂取を増加させる!

出典:@ yagigigi1234さん

血中のアルコールが高濃度になると、血管が膨張して、血管から水分が漏れ出します。また、濃い味つけのものをいっしょに食べることが多く、塩分の摂りすぎに。アルコールの分解には水が必要で、利尿作用もあり、どうしても水分を多く摂りがちです。そのため、むくみを増長させてしまうんです。

・月経前は体に水分をため込みやすい!

出典:PhotoAC

女性は、月経周期によるホルモンも関係しています。排卵後に分泌が増える女性ホルモンのプロゲステロンの影響で、月経前の時期には体に水分をため込み、むくみやすくなります。

■足のむくみを取る方法!足を心臓より高くする

出典:PhotoAC

足を高くして寝ると、足から心臓へと血液が戻りやすく、むくみ解消に効果的。むくみ解消用の着圧ソックスやタイツもおすすめです。また、効果的なマッサージ方法もあります。足首から両手でふくらはぎを包み込みながら引き上げ、膝から太股、そして股へと流していきます。股周辺にはリンパ節があるため、優しく行っていきましょう。ふくらはぎは、少し痛めで気持ち良いくらいの強さでもOKです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]