Baby&Kids

可能性を育てる声がけ。ポイントはプラスイメージの言葉選び

vol.1514【1日1成長お母さん】子どもを注意するときは分かりやすいシンプルな言葉を使おう

ついつい気づかずに使ってしまう否定語。子どもには伝わらないことがある

子どもが高いところに登っているときに心配して「落ちないでね」と声をかけることがあるでしょう。しかし実は「〇〇しないでね」という言葉は子どもには使わない方が良いのです。
それは「落ちないでね」という言葉で落ちてしまう可能性が上がってしまうからです。大切な子どものためにかけた言葉が、逆効果になってしまうなんて本末転倒ですよね。
せっかくなら良い結果を引き出す言葉を使いたいものです。

子どもは否定語を理解できないため分かる言葉だけでイメージする

なぜ「落ちないでね」という言葉で子どもが落ちる可能性が上がるかというと、子どもは否定語を理解できないからです。
「落ちないでね」という言葉では、子どもの脳が「落ちる」という姿をイメージしてしまい、イメージに行動が引っ張られて本当に落ちる可能性が高まってしまいます。
こんなときは「〇〇しないで」ではなく、してほしいことを具体的に分かりやすく「〇〇してね」と伝えましょう。

イメージをつかめる具体的な言葉選びが子どもに良い結果をもたらす

Yさんは活発な4歳の男の子のお母さん。もともとYさんが心配性なこともあり、活発に動き回る子どもに「転ばないでね」「落ちないでね」と毎日声をかけていました。
しかしある時、否定語を使うことで良くない結果を招く確率が上がると聞いたそうです。その後はできるだけ否定語を使わないように「ゆっくり歩こうね」「しっかりつかまってね」と子どもが良いイメージをつかめるように気をつけて具体的に声をかけるようにしました。
そうすると子どもは慎重に考えて自分で行動できるようになったのです。

子どもに伝える言葉はシンプルにするほど印象を強く与える効果がある

外を歩いているときなども「走っちゃダメ」などよりも「ここで止まろうね」と子どもに何をすればいいのか伝えてあげることが効果的です。
かける言葉に困ったら「気をつけてね」が一番。全てに通じる万能な言葉です。
しかもどうすれば良いのかを子ども自身に考えさせる機会を与え、行動する力を促してくれます。
毎日のちょっとした言葉がけ。難しく考えすぎずに子どもがイメージしやすいシンプルな言葉を選んで伝えてみましょう。

今日の1日1成長

子どもの可能性を伸ばす声がけ。具体的・シンプル・プラスの言葉
子どもの行動力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
ちゅうじょうゆか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]