Baby&Kids

子どもがいたずらされた!そんな時は気持ちに共感してあげよう

vol.1526【1日1成長お母さん】子どもが求めているのは問題解決ではなく話を聞いてもらうこと

子どもが人と関わり始めると、いいこともあるが心配事も増えてしまうもの

子どもが保育園や幼稚園に通うようになると「楽しく過ごしているかな?」「お友だちと仲良く遊んでいるかな?」と気になりますよね。3歳くらいになるとクラスのお友だちとも一緒に遊べるようになります。
家に帰ってきて「今日は〇〇ちゃんとおままごとした」と園での出来事を報告するようになります。仲良く遊べているとお母さんも安心なのですが「〇〇くんに叩かれた」と言われると、お母さんはどう対応してあげるべきか悩んでしまうこともあります。
 

園生活で子どもがどのように過ごしているのか見えないからこそ気になるもの

4歳のAちゃんは保育園に通う女の子。クラスの中でも大人しく控えめなタイプです。
ある日家に帰ってくると「〇〇くんに髪の毛引っ張られた」と言いお母さんを驚かせました。その男の子はわんぱくなタイプの子で、お母さんはその子が保育園で先生に注意されている姿を何度も見かけています。
子どもが嫌なことをされて園で泣いていないか、傷ついていないかとお母さんは気になります。
ですが保育園で聞き取り調査をする前に、するべきことがあります。

オウム返しで子どもの気持ちに共感してあげるだけで子どもは安心する

子どもがお母さんに報告してきたときは、まずしっかり耳を傾けましょう。
「今日髪の毛引っ張られた」と言ったら「髪の毛引っ張られたのね」とそのままオウム返ししましょう。それだけで子どもはお母さんが自分の気持ちを理解してくれたと思い安心できるのです。
子どもが人と関わり始めるとケンカをしたり、おもちゃを取られたりと毎日いろいろなことが起こります。
大切なのは子どもの話に耳を傾け、気持ちを受け止め共感してあげることです。

お母さんの価値観を植えつけてしまう前に、子どもの声に耳を傾けよう

もちろん問題が大きいと感じた場合は先生に相談する必要がありますが、たいていは些細なことがほとんどです。
もしお母さんが「〇〇くんはいけない子ね!」と言うと、子どもはそのままを受け取り〇〇くんはいけない子なのだと思ってしまうでしょう。大人の価値観を子どもに植えつけることにも繋がります。
お母さんが心配するほど子どもは気にしていないことも多いものです。しっかりと子どもの発言に耳を傾け気持ちに共感してあげることで、親子の信頼関係が強くなっていきます。

今日の1日1成長

子どもが受けたいたずらの報告にはオウム返しで気持ちを共感しよう
子どもの自己開示力も1成長、お母さんの共感力も1成長。
吉田あき(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!