Baby&Kids

友だちとのトラブル回避策。子どもに感情を表す言葉を教えよう

vol.1533【1日1成長お母さん】解決の鍵は感情表現。伝え方を知ると子ども同士の関係が円滑に

子どもが友だちに手を出してしまったら、危ないことだと教えよう

小さい子どもは感情表現が苦手です。友だちと遊んでいるときにうまく表現ができず、相手をたたいてしまうこともあるでしょう。
そんな姿を見るとお母さんはびっくりして心配になりますね。「うちの子は乱暴者かしら」と不安になるかもしれません。
でも子どもに悪気はありません。お母さんはまず、たたかれたら痛いのだと強く子どもに教えます。
その上で子どものしたいことを汲みとって代わりに言葉で表現してあげましょう。

 

乱暴になるのは気持ちの伝え方を知らないから。感情の伝え方を教えて

子どもは言葉が発達する2歳頃まで、嫌なことがあってもどう表現したら良いか分からず手が出てしまうことがあります。
相手の気持ちが分かるようになるのは、共感する能力が発達する5歳頃です。それまでは「痛いよ、お母さんは嫌だな」などと繰り返し伝えましょう。
子どもは嫌な気持ちになったとき、そのストレスの発散方法に戸惑います。
でもお母さんに気持ちを受け止めてもらえれば心が落ち着くのです。ストレスも減り、乱暴な行為もしなくなります。

気持ちの伝え方を知った子どもは乱暴しないで解決できるようになる

1歳10カ月のAくんはおもちゃを取られて、友だちに噛みついてしまいました。様子を見ていたお母さんは大慌てでAくんを友だちから引き離し、人に噛みつくと危ないことを強く言い聞かせます。
Aくんが落ち着くとお母さんは「おもちゃを取られて嫌だったね。でもお母さんは噛みつくのは嫌だな。次はお母さんに教えてね」と時間をかけて話しました。
それ以来Aくんは嫌なことがあるとお母さんに伝えに来るようになりました。
 

友だちとのトラブル回避には子どもが気持ちを伝えられれば大丈夫

小さい子どもは、友だちとのトラブルがつきもの。嫌なことがあったらお母さんに教えてねと予め伝えておきましょう。
まだ話せない子どもには、おもちゃを返してほしければおもちゃを指差すなどサインを決めておくのも良いですね。子どもが気持ちを伝えてくれたときはお母さんがぎゅっと抱きしめ「教えてくれてありがとう」と伝えましょう。
せっかくの楽しい遊び時間。気持ちを伝える方法を知って、友だち同士でストレスなく仲良く遊べると良いですね。

今日の1日1成長

子どもの乱暴は防げる!1歳児から気持ちの伝え方を教えることが大事
子どもの表現力も1成長、お母さんのサポート力も1成長
どばしはるな(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!