Baby&Kids

一つのことしかできないのは集中力が高い証拠。ただ見守ろう

vol.1549【1日1成長お母さん】一つずつ経験を重ね達成感を感じることが子どもの成長に必要

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

大人はたくさんの経験をしてきたからこそ効率のいいやり方を知っている

子どものお出かけ準備の様子を見て、一つずつ進めるのではなく同時進行したらより早くできるのにと思った経験のある方はいませんか?マイペースな子どもの姿にヤキモキした方もいるかもしれません。
でも、お母さんも子どものときにはそんなに器用ではなかったはず。子どもの行動を見る時には効率よりも成功体験を重ねることを重要視しましょう。
同時進行ができないことに不器用さを感じる必要はありません。一歩ずつ成功体験を重ね学んでいくものなのです。
 

一つずつしかできない不器用な我が子。効率の悪さにモヤモヤすることもある

5歳のRくんは二つのことを同時に行動することが苦手です。
例えばご飯中にテレビがついていると、テレビに集中し箸は進みません。朝の準備では一つ一つしか進められず、上の服を着るなどひとつの作業が終わってから次に何をするんだっけと考えます。
一つのことをやれば、もう一方が進まない。同時にやれば時間の短縮にもなるのに、もっと効率よくできないかと感じていたお母さん。
一見短所にも見える行動ですが実は長所なのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE