Baby&Kids

独占欲の強い子には絵本やごっこ遊びで思いやりを伝えよう

vol.1557【1日1成長お母さん】言葉よりも遊びの中で思いやりが何かを自然と身につけよう

自分の気持ちを優先してしまう子は、相手の気持ちを想像することが苦手

公園や児童館で遊んでいると、初めて出会うお友だちとおもちゃや遊具を順番に使うということを経験することも多いでしょう。異年齢が一緒に遊ぶ場所であれば、年下の子がいたら優しい気持ちで接してほしいと願いますよね。
頭ではわかっているけれど、自分がやりたい思いが強すぎて、小さい子を気にかけるよりも自分の気持ちを優先してしまう子もいます。
乱暴に見えるかもしれませんが、相手の気持ちを想像することが苦手で慣れていないだけなのです。

人がどう感じるのかを伝えてあげると、気持ちを理解するきっかけとなる

人の気持ちを理解するには共感能力が必要となります。相手の気持ちを想像する力です。
この共感能力は5歳頃から身に付く力です。また、相手の気持ちを理解するためには“自分のしたことが相手の気持ちをうれしくも悲しくもする”と知る必要があります。
子どもが相手の気持ちに気づける遊びを取り入れるのが効果的な方法でしょう。子どもが相手の立場に立って考えられるようになると、優しさや思いやりの気持ちも育ちやすくなります。

言葉で説明するよりも、遊びの中でなら思いやりも理解しやすくなる

5歳のHくんは公園で小さい子を追い抜かして遊具で遊んでしまいます。「小さい子を先にしてあげようね」と声をかけても難しいことが多いです。
お母さんは、思いやりの気持ちを持ってもらいたいと悩んでいました。そんな子には主人公がHくんと同じような行動をするストーリーの絵本を探したり、お話を作って聞かせてあげましょう。
自分と重なる親近感から気づきのきっかけになるでしょう。絵本の中の子の気持ちについて一緒に考える時間を持つのも一つの方法ですね。

相手の気持ちを思いやるには、自分と相手の気持ちが違うことを知ることから

相手の気持ちを理解できるようになるためにはごっこ遊びや絵本が効果的です。
ごっこ遊びや人形遊びのストーリーは実際にあった場面を再現しましょう。お母さんがお子さん役を演じて、子どもが相手の子の立場になる設定を試します。
自分の取った行動を受け身で体験することで、相手の気持ちに気付くきっかけとなるでしょう。絵本も自分を客観的に見ることにつながります。子ども自身が思いやりを学ぶきっかけをつくってあげましょう。

今日の1日1成長

思いやりの気持ちを持つには、相手の気持ちを擬似体験する機会を増やそう
子どもの思いやる力も1成長、お母さんの創造力も1成長。
きただ ゆみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]