Baby&Kids

体の動きをコントロールできると、心や衝動もコントロールできる

vol.1572【1日1成長お母さん】走って止まる遊びを取り入れて子どもの我慢できる心を育てよう

“たたいた、たたかれた”“取った、取られた”は子育て中によくある悩み

子育て中のお母さんが感じる“困った”ことの中に“すぐに手が出る”があります。
言葉ではなく手が出て、ついたたいてしまう。自分も遊びたくてお友だちの持っていたおもちゃをつい取ってしまう。そんな様子にお母さんは怒鳴ったりたたかないよう押さえつけたりと、しつけに悩むことが多いかもしれません。
子どもが4歳になる前はまだ我慢する力もついていない場合もあります。またしつけよりも子ども自身の生まれ持った気質の影響もあるでしょう。

やんちゃな子のとっさに手をだしてしまう性格は、遊びの中で改善できる

気質とは、子ども自身の生まれ持った性格のことを言います。小さな頃の衝動的な行動は親のしつけよりも、発達段階や気質が大きく関わっています。
子ども自身、とっさの我慢が効かない状態なので、お母さんが“もっと厳しくしてやめさせなければ”と考えるでしょう。
しかし、衝動的な行動を減らすためにできることがあります。とっさに行動を止めるトレーニングを遊びの中に取り入れることです。

グッと我慢することができない子は遊びの中に踏みとどまる動きを入れよう

Kくんはやんちゃな男の子です。気に入らないことがあると、ついお友だちをたたいてしまいます。お母さんはその度にお友だちに謝ったりKくんを押さえたり大変です。
Kくん自身も“しまった”と思うのですが、時すでに遅し。気が付くと手を出してしまっているのです。そこで、お母さんはグッと止まる動きのある“だるまさんがころんだ”で遊ぶことにしました。
最初はうまく止まれなかったKくんですが、徐々にできるようになると、同時にお友だちに対して手が出る回数も少しずつ減っていきました。

抜群の行動力をうまく伸ばすことができたら熱血リーダーになれる可能性も

自律性の育つ前の子どもは比較的、先に手が出てしまうことがあるのですが、特にやんちゃな子が衝動を抑えることはとても難しいことです。
自分の体の動きを止めるコントロール力をつけると、衝動を抑えられる心が育つでしょう。そのために“たくさん走ってグッと止まる”ような体を使った遊びを繰り返しましょう。
やんちゃな子は抜群の行動力や情熱を持っています。この行動力や情熱の芽を摘んでしまうことなく衝動を抑えられるようになると9歳頃には落ち着き、情の厚いリーダー的な存在になるでしょう。

今日の1日1成長

だるまさんがころんだでグッと我慢できる心と体のトレーニングをしよう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
波多野裕美(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]