Baby&Kids

お母さんの「できたね」は子どものやる気が出るスイッチになる

vol.1578【1日1成長お母さん】片付け下手が魔法の言葉「できたね」で片づけ上手に変化する

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

「片付けましょう」から「○○を見つけよう」へ変えてやる気アップ

子どもがすすんで片付けるようになってほしいと願うお母さんは多いでしょう。いつも口うるさく「お片付けしましょう」と繰り返し伝えているとイライラしてくるものです。
しかし伝え方を少し工夫して何をどこに運ぶかを具体的に伝えるだけで、信じられないほど子どもが片付けをするようになります。
子どもは言われたことをイメージできると行動に移すことができるのです。子どもが動けたときは「できたね」と積極的に声をかけていきましょう。

具体的な言葉で子どもの想像力を刺激して目標達成をする喜びを伝えよう

散らかっている部屋を「片付けよう」と言われても、子どもにはゴールが想像できません。
大きな目標を達成するための最初の一歩を踏み出すには勇気がいるものです。少し頑張れば達成できる喜びを何度も経験して、いつの間にか大きな目標へと近づいていくことをスモールステップと言います。
片付けでも小さな目標をいくつも設定していくと、いつの間にか部屋が綺麗になっていきます。小さな目標を達成するごとに「できたね」と認めてあげると自信もついていきます。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE