Baby&Kids

お母さんは子どもに心を込めた「ありがとう」を日々伝えよう

vol.1591【1日1成長お母さん】相手が喜んでくれたという嬉しい経験が思いやりのある子にする

気持ちを言葉で表現することが苦手な子にこそ「ありがとう」の習慣をつける

子どもの優しさや思いやりが育つ方法はたくさんあります。そんな中でも何も道具はいらずお金もかからずできる方法が一つ。それはお母さんからの言葉かけ。
「ありがとう」の一言を子どもに伝え続けることで子どもの優しさ・思いやりは育ちます。また友だちにも自分から「ありがとう」と伝えることができるようにもなります。
気持ちを言葉で表すことが苦手な子でも、お母さんがありがとうという習慣があれば自ずと言えるようになるものです。

子どもがお手伝いしたときに伝えた「ありがとう」で起きた嬉しい変化

6歳のAくんのお母さんは妊娠中です。つわりがひどく、家で横になって休んでいることが多くありました。そんなときAくんが「ぼくお風呂洗うね」とお手伝いをしてくれました。
お母さんは嬉しくてAくんに「ありがとう」と伝えます。するとその後もお風呂洗いや洗濯物干しなど、Aくんが様々なお手伝いをしてくれるようになりました。
またお母さんがAくんの仕度を手伝うと、「ありがとう」と言うようになったのです。そんな姿にお母さんはさらに嬉しく感じました。

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]