Baby&Kids

「部屋が片付かない」と嘆くより、どうすればできるかを考えよう

vol.1609【1日1成長お母さん】片付けも個性。できないときは方法をチェンジ!できる方法が必ずある

片付けられない子どもが悪いのではない、子どもに合った方法を見つけよう

お母さんは、子どもが上手く片付けられないとき“なぜ片付けられないのかな、私のしつけが悪いのかな”と悩み、もっときちんと片付けさせようと思うかもしれません。しかし、何度教えてもうまく片付けられない場合、子どもが悪いのではなく“方法”が合っていないことが考えられます。
お母さんの片付け方法を一度手放し、子どもが片付けられるように子どもに合った方法を探してみませんか。少しくらい大雑把でも子どもが自分で片付けられることを目指してみましょう。
 

できないことに目を向けるのをやめ、できる方法を探す考え方を取り入れる

私たち大人は、できないことに気を取られ “なぜできないのか”に焦点を当てて“この子はできない子”と捉えてしまいます。そんなときは思い切って視点を変えて“どうしたらできるのか”を考えましょう。
この考え方をソリューション・フォーカス・アプローチといいます。できそうな方法を試し、うまくいかなければまた次の方法を考えます。
自分に合った方法が見つかるまで繰り返しながら試し、方法が見つかったときにはその方法を変えずに定着させるのがポイントです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]