Baby&Kids

お母さんになる心構え、赤ちゃんにはたくさん話しかけてあげよう

vol.1623【1日1成長お母さん】0歳児への言葉がけは形容詞で!感性が豊かな子に育つ

赤ちゃんは聴覚から発達、赤ちゃんにこそたくさん話しかけてあげよう

待ちに待った赤ちゃんとのご対面、出産直後からお母さんとしての育児生活がスタートします。初めは授乳やおむつ変え、沐浴であっという間の1日と感じるでしょう。
赤ちゃんとの生活で意識してやってほしいこと、それはたくさん話しかけてあげること。
赤ちゃんは聴覚に優れています。まだ言葉がわからないように見えますが、ねんねの時期でも赤ちゃんはお母さんの言葉をよく聞いています。
赤ちゃんにとって安心するお母さんの声をたくさん聞かせてあげましょう。

言葉をかけるときは形容詞!感性が豊かになりたくさんお話しする子になる

言葉をかけるときは形容詞を使うことがおすすめです。
赤ちゃんは泣くことでお母さんとコミュニケーションをしています。お母さんは赤ちゃんの気持ちを代弁するつもりで形容詞の言葉で答えてあげましょう。
形容詞とは「気持ちがいい」「楽しい」など語尾が「〜い」「〜しい」で終わる言葉です。「うれしい」「いたい」のような気持ちや感情を表す言葉が多くあり感じる心が育まれます。
感じる心は想像力につながります。大きくなったとき、人の気持ちを感じとるやさしさにもつながる大切な能力になります。

0歳からたくさん話しかけてもらえた環境の違いが語彙力の差になる

2歳半のIちゃんはお母さんとの会話が大好きな女の子。時々難しい言葉も発することに周囲の大人たちもびっくりするほど。お母さんはIちゃんの言葉の発達は早い方なのかなと感じていました。
Iちゃんのおうちはおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に暮らしているので生まれた時から家の中では会話が多かったのだそうです。
赤ちゃんの頃からたくさん言葉を聞いて育った環境が、Iちゃんのお話し上手につながっているのだとお母さんは思ったそうです。

お話が上手な子はコミュニケーション力もアップ、感情表現も得意

言葉の発達の速さには個人差があります。おしゃべりが上手になる子どもにしたいのなら、形容詞を多く使った言葉がけを日常的にしてあげましょう。
0歳児での形容詞の言葉がけの量が2歳を過ぎてからの語彙力につながります。語彙力のある子どもは自分の気持ちをより多くの言葉で伝えることができるようになり、感性が豊かで優しい子どもになるでしょう。
感情表現が得意だと相手にも自分を理解してもらえやすいですね。お話上手はコミュニケーション力にもつながりますよ。

今日の1日1成長

言葉の蓄積は赤ちゃんから、0歳児こそたくさんの形容詞で話しかけよう
子どもの聞く力も1成長、お母さんの語彙力も1成長。
きただゆみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]