Baby&Kids

6歳の挑戦は、やればできるもの!大人は成功を信じて応援しよう

子どもからの反発は良いチャンス!子どもとの向き合い方を見直そう

6歳のKくんは鉄棒の前回りを練習していますが、なかなかできません。
お母さんは「次はできるよ」と子どもを励ましながらも、心配になって「体を早く倒すといいんじゃない?」「勢いが足りなかったね。次はもっと勢いよく!」と伝えます。
するとKくんに「ぼくが今やろうとしていることを、どうして先に言うの?」と言われ、ハッとしました。
子どものやることを信じて見守ろうと決めたはずだったのに、つい熱が入りすぎて言い過ぎていたことに気づけました。

子どもを信頼して応援しよう。信じていれば今ある課題もクリアできる

子どもは“できる”と信じることができれば、新しいことも2週間で習得できる可能性を秘めています。運動だけではなく、今課題だと思っていることもすべて変化します。
大切なのはお母さんが子どもを信じること。アドバイスが増えすぎるとお母さんに信じてもらえていないと感じることもあるでしょう。
子どもが最もやる気と根気を発揮するのは、不安や緊張から解放されたときです。毎日一緒にいるお母さんがまず子どもを信頼して「大丈夫、できるよ」と応援してあげてください。

今日の1日1成長

子どもを信じ「やればできる!」と励まそう。お母さんの自信が成功のカギ!
子どもの努力も1成長、お母さんの愛情も1成長。
ささ木ゆき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

子ども用傘の選び方!適正サイズや安全なおすすめ傘8選も解説

Baby&Kids

2022.09.30

子ども用傘の選び方!適正サイズや安全なおすすめ傘8選も解説

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

Recommend

五感を刺激!お風呂のおもちゃが好奇心を育てる【Sassy】の新作が登場!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]