Baby&Kids

1歳のやる気スイッチは「ダメ」よりも「できたね」でON!

vol.1697【1日1成長お母さん】たくさん試して「できた!」を経験するとやる気のある子に育つ

「できた!」の達成感を感じる事が大切。興味を持ったらやらせてみよう

1歳になると体の機能が発達して自由に動き回れるようになり、お母さんはますます目が離せなくなる頃ですね。そんなお母さんの大変さも知らずに、目に付いたものを次々と触っていく我が子を見ていると「わざとやっているのかな?」と思うことも。この時期はいろんなことに興味を持って自ら体験し「できた!」という達成感を感じることでやる気に満ちた子どもになります。興味を持ったことは思いっきりやらせてみましょう。

1歳は冒険したい時期。「ダメ」と言い過ぎず「できたね」でいろんな体験を

この頃の子どもは、身の回りにある物全てに「なんだろう?」と興味を持ち「触ってみたい」と触り「動かすとどうなる?」と体験して確かめます。近くにあるおもちゃには見向きもせず、遠くにある大人が触ってほしくない物を見つける観察力のすごさに驚くお母さんも多くいるでしょう。1歳はいろんなことを試したい時期。「ダメ!」と言いすぎず、代わりに「できたね!」と言ってチャレンジさせてあげましょう。

「できた!」と達成感を感じることで、やる気が刺激され行動する力になる

1歳になったKくん。静かだなと思ったらお部屋の隅に隠していたゴミ箱からゴミを出していました。お母さんは「ダメ!」と言いましたが、結局全てのゴミを出しおえました。次に「ぽいっ!」と言いながらゴミを戻しはじめた、Kくん。お母さんはゴミを触ってほしくはありませんでしたが「ダメ」のかわりに「できたね」と言いました。するとKくんは「ぽいっ!できた!」と笑顔になり、自分が出した全てのゴミを「ぽいっ!」とゴミ箱に戻し、満足そうな顔をしていました。

身をもって体験して達成感を味わった子どもは、積極的に行動できる

1歳になり自由に動けるようになった子どもは、観察する能力も発達し大人が「触らないで」と思うような物を見つける天才です。いろんな物を触って試したくなる時期なので、お母さんは後片付けの大変さから、つい「ダメ」と言いたくなります。しかし、この時期に身をもって体験し「できた!」と達成感を味わった子どもは、自分なりに考えて積極的に行動できるようになるのです。「できたね」の言葉でいろんなことにチャレンジできる子になります。

今日の1日1成長

1歳は冒険したい時期。「できたね」の言葉で達成感を感じさせよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
たむらまりこ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!