Baby&Kids

伝えるのは愛メッセージ!思いやる力を育てる「ありがとう」

vol.1704【1日1成長お母さん】お母さんが積極的に子どもの行動に対する気持ちを伝えよう

思いやりの心は家庭から。「ありがとう」が子どもの想像力を育てる

どんなお子さんに育ってほしいですか?という質問に“優しい子”と答えるお母さんは多いでしょう。思いやりは友だちと関わる機会が多くある5歳頃から著しく成長するので、お友だち関係が必要と感じるでしょう。もちろんコミュニケーション能力を育むために集団生活は必要な環境の一つです。しかし子どもの思いやりのスタートは親子の関わりにあるのです。ポイントはたくさんの「ありがとう」を伝えることにあります。

お母さんの喜ぶことをしたい。自分の行動が相手に及ぼす影響を感じる5歳

「お母さん、私掃除機かけようか?」と子どもがお手伝いをしたがるときは、お母さんに喜んでほしいとき。子どもは5歳頃から喜んでもらうために行動することが増えてきます。自分の行動によって相手をどのような気持ちにできるか、想像力の発達が関わっているからです。相手の気持ちを想像する力が思いやりとなります。「相手が困っているな」と気持ちを想像できたとき、思いやりのある行動が生まれます。その行動を引き出せるのが「ありがとう」という言葉なのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]