Baby&Kids

1歳は水を触って実験中!遊びながら試すことで学びの理解が進む

vol.1717【1日1成長お母さん】興味をもったことを実験させよう。やる気と学ぶ力がぐんぐん育つ

歩き始めた1歳ぐらいの子どもは、社会で生きるために学ぶ力をつけている

立ち歩くようになった1歳ぐらいの子どもは、目線も高くなり自分の足で好きなところへ行けるので大興奮です。手が届くところのものは何でも触りたがりますし、テーブルや階段など高いところへも上りたがります。ヒヤヒヤしたりイライラしたりして「ダメ!」と言いたくなってしまうことも多いでしょう。しかし子どもが興味を示し試すことでやる気が生まれ学ぶ力も育ちます。社会で生きていくために必要な学びは1歳から始まっているのです。
 

いたずらに見えるような行動。実は試しながら多くのことを学んでいる

1歳ぐらいになるとやりたいことを実践しようとする“実験期”に入り、落ち着きがなく感じられることもあるでしょう。ご飯で遊んでみたり絵本や障子を破ったり、大人にしてみればいたずらに感じられるような行動を繰り返します。子どもは「形や手触りはどうだろう?」「引っ張ってみたらどうなるかな?」と思っているだけで、自分で試しながら多くのことを学んでいるのです。子どもはこの経験を通じて、物事の性質一つ一つを理解していきます。
 

お母さんがしてほしくないことも、子どもにとっては大切な学びの時間

1歳のYくんは洗面台の蛇口から水を出しっぱなしにして、水をつかもうと触り続けていました。何度も何度もつかもうとしても、当然つかめません。洋服も洗面台周りもびしょびしょです。次に、水を止めて飛び散った水滴で遊びはじめました。洗面台や床の水を塗りひろげたり叩いたりして、嬉しそうに遊んでいます。Yくんのように水で遊ばれると「ダメ」と言いたくなるお母さんも多いでしょう。しかし子どもにとっては、実際に試して体験すること全てが学びの時間なのです。
 

触ることで理解できるようになる。学ぶ力を基礎に社会を生き抜く力が育つ

興味をもつことで好奇心が芽生え、実践してみることでやる気が育ちます。できるだけ自由にやらせてあげることで集中力が育ちます。危険が伴うことでも大人がそばで見ているときは、けがをしない程度に触らせることも貴重な体験です。「ちくっとして痛いでしょ?」と伝えることで触ると危ないことが理解できるようになります。好奇心・やる気・集中力が学ぶ力の基礎となり、学んだことを試すことで社会を生き抜く力が育っていくのです。

今日の1日1成長

いたずらに見える行動も叱らずに見守ろう。社会を生き抜く力の基礎となる
子どもの想像力も1成長、お母さんの愛情も1成長。
ささ木ゆき(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]