Baby&Kids

人からの「ありがとう」で子どもは自分に自信が持てるようになる

vol.1719【1日1成長お母さん】人の役に立つことで子どもは幸せを感じ自信が持てるようになる

子どもは自分の行動が誰かの役に立ったという経験で自信を身に付ける

子どもには自信を持ってほしいと思うお母さんは多くいます。ではどうすれば自信が身につくのでしょうか。それは周りの人から「ありがとう」と感謝される経験を積み重ねることです。お友達や幼稚園の先生との関わりで人を助けたり助けられたりすることがあります。そんなときに「ありがとう」「助かったよ」と言ってもらえることが少しずつ自信になるのです。人と関わり、助け合うことができるようになるために、初めは一番身近なお母さんからの「ありがとう」で自信をつけてあげることが大切です。
 

人の役に立ち感謝されることで“自分は存在価値がある”という自信になる

人は自分の行動が誰かの役に立ったという経験で幸せを感じます。例えば、頑張って練習して自転車が乗れるようになった子がいたとしましょう。その子が今練習している子に「こうするんだよ」と教えたことで乗れるようになり「ありがとう」と言われる、などという経験です。このように自分の働きかけで人が変化し感謝されることで“自分には存在価値がある”と思えるようになり、それがゆるぎない自信へと繋がります。
 

お母さんからの「ありがとう」が子どもの自信を育てるファーストステップ

Rくんは優しく大人しい年長さんの男の子です。ある日、お母さんが落としたタオルを拾いました。Rくんはお母さんから「よく気がついたね。ありがとう」と言われたことが嬉しくて、それをきっかけに誰かの落とし物を積極的に拾ったり届けたりできるようになりました。少しずつ勇気を出せるようになったRくん、今では幼稚園で縄跳びや折り紙を積極的に教えてあげられるようになり、人と関わることが増えました。
 

子どもの些細な行動を見逃さず「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えよう

子どもはみんな誰かの役に立ちたいと思っています。まずはお母さんからの「ありがとう」が原動力となり、次に家族以外の周りの人のために行動できるようになっていきます。子どもがお母さんのためにしてくれたことに対してたくさん「ありがとう」と声をかけましょう。子どもが自信をつけるチャンスです。身近な人の役に立つ経験をもとに子どもはさらに家族以外の人と関われるようになり、本当の自信を育てていくでしょう。
 

今日の1日1成長

子どもに「ありがとう」をたくさん言おう。自信を持って人と関われる子になる
子どもの自分を信じる力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
波多野裕美(文)吉田あき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]